Angelica_Online / Pixabay

ゴルファーの悩みの中でスライスと並んで多いのか、ボールが鋭く左に曲がっていってしまう球、いわゆるフックボールです。スライスと違ってこの球筋は力強く飛んでいく傾向があります。

ティーショットでドライバーを打ち、この球が出てしまうとボールはOBゾーンへまっしぐら、ということも珍しくありません。OBが多いとスコアにならないので、ゴルフそのものが面白くなくなってしまいます。

しかし、少し修正して軽いドローボールにしてあげれば、一気にゴルフは楽しくなります。その修正方法をいくつか挙げてみます。

スポンサーリンク

ゴルフスイングのフックの修正方法

グリップの見直し

まずはグリップを見直します。フックに悩む人の多くが、グリップをストロングに握りすぎている傾向があります。

中には右の手のひらが正面を向くほどストロンググリップにしている人も見受けられるので、ここから修正することがおすすめです。

ストロングに握りすぎるとインパクトの時ヘッドが極端に返ってしまいがちです。その結果ボールに強い左回転がかかり、フェースも閉じた状態で当たるので、いわゆるチーピンと呼ばれるような激しく左に曲がる球になってしまいます。

グリップはスクエアに握って振ってみて、そこから微調整をすると良いです。目安としては左手のナックルの中指あたりまでが上から見える程度です。

コックを使いにくくなるので、極端なチーピンは出にくくなるはずです。

ハンドファーストにしすぎることも、インパクトの時にフェイスが被ってしまう原因になります。正面から見て手が前に出すぎていると感じたら、ここにも修正をかけます。手が体の正面に来るようにアドレスをしましょう。

インパクトゾーンでの心がけ

インパクトゾーンでは常に体の正面に手が来るように心がけたいです。

スイング中に力みすぎることも、ボールが左へ曲がる要因になります。上半身、特に腕や手に力が入ると、ボールはフックになりやすいです。その中でも、右手の力みには細心の注意を払うべきです。

右手に力が入りすぎるとインパクトで手首が返る動きにつながります。驚くような左への球筋が飛び出すときは、まず力みを疑うべきです。

手に意識をするとすれば、左手の小指、薬指、中指です。この3本でクラブを握るように心がけ、右手は添えるだけ、という位のイメージで練習をすると良いです。

左手のリードでスイングすることで、フェイスは正しくローテーションしていきます。感覚を掴むためには反復練習が必要です。

慣れるまで続け、その後必要な箇所に少しずつ力を入れるようにすると力の入れ具合、抜き具合を正しく理解しやすいです。

スポンサーリンク

トップでのチェックポイント

トップでの手やクラブにもチェックポイントがあります。この時にフェイスが閉じすぎていると、インパクトでも被った向きになりやすいです。

トップでのフェースの向きは正面の右斜め45度あたりを指しているのが正解です。このアングルも意識してみると良いです。スクエアのトップを作るコツは、クラブの重さをどこで感じるかです。

グリップをスクエアに握りトップを作ったときに、左手の親指でクラブの重みを感じてみてください。ここに気をつけていれば、他はあまり意識しなくても正しいトップを再現しやすくなります。

インパクトの形にばかりこだわりすぎるのは、スイングの流れの中での修正が逆に難しくなるのでおすすめできませんが、どうしても感じたい場合はゆっくり振ることです。

腕の力を全く入れないイメージでゆっくりとスイングをすると、インパクトの時のフェースの向きは見えやすくなります。力みなく、正しい軌道を描くことが重要です。

フォロースルーにも注意

フォロースルーにも注意すべき点はあります。極端に左に曲がる球を打つ人は、左サイドで体重を受け止めきれていなかったり、体がすぐに起き上がってしまっている人が多いです。

体が開いて起き上がってしまい、クラブヘッドもフォローですぐに上方向へと動いてしまうとこねたようなアクションになり、ボールは左へ曲がります。

これを防ぐためには、フォロースルーでヘッドを低く遠く出していく意識が必要です。

ヘッドを出していく方向は体の動きに合わせて自然にやや左方向になりますが、それでも修正できない場合は、まっすぐ低く出すようにしてみるとフェイスの動きがよりわかりやすくなります。

この時も、手でクラブを操作しようとはせず、体全体の動きとして低くヘッドを出していくよう心がけましょう。

フックを修正するためには、極端な動きをしてみることも良いドリルです。わざと思いっきり左に曲がる球を打とうとしてみれば、どんな動きをしているのかが理解しやすいです。

また自分がどんなミスを犯しているかも感じることができるので、そこから先修正をしやすくなります。

逆に、わざとスライスを打ってみるのも良いです。どこに力を入れてどう振ればボールが曲がりやすいのかというメカニズムが体感としてわかります。

まとめ

自分がミスをしているポイントを見つけ、正しい動きに修正することでフックボールは防ぐことができます。修正した美しい球筋で、気持ちよくコースを攻略したいです。

スポンサーリンク