ゴルフを始めた女性が目指すのはスコアの100切りです。これを切るようになると、周りの男性がゴルファーとして認めてくれるだけでなく、人によっては敬意をもって接することになります。

スポンサーリンク

100切りを達成するにはどうすればいい?

100切りを狙うにあたり、まずはきれいなスイングでゴルフを行うことが必要です。自己流のスイングを続けていると癖がついてしまい、矯正が難しくなります。

最初から基礎を徹底すれば、癖もなく、フックがしやすい、スライスしやすいといったことを防ぐことが可能になります。

スイングがきれいかどうかは100切りの前提となり、基礎を叩き込めば、応用もこなせるため、レッスンスクールに通うなどして指導を仰ぐ必要があります。

パットの精度を上げる

次にパットの精度を上げることです。グリーン上で最低でも2パットで上がることが常にできるようになり、いくつかのコースでは1パットで上がることが可能になればスコアは一気に改善されます。

そして、3パットを防ぐことにより、スコアの悪化を防ぐことにもなります。3パットをしてしまうパターンにはいくつかのケースがあります。1つは最初のパットでカップに近づけることができないケースです。

2パット目に距離が残るとたいていの場合は外してしまいます。また、強めに打った結果、全く違う方向に流れるパターンもあるなど、カップに近づけるどころか、1回のパットを無駄にしてしまうことがあります。

そうなってしまう理由としては、1回のパットでカップに入れるのか、それとも2回で決めてしまうのか、それが曖昧なために起こります。

気分によって変えるというのがゴルフにおいては避けるべき状態であり、基準を設け、その中でプレーをしていく必要があります。おすすめなのが2パットで上がることを原則とすることです。

もちろん、カップからかなり近い場合は決めてもいいですが、ある程度離れていたらカップの周りに近づけばそれでいいというショットを打ち、2パット目で決めればスコアが悪くなることはありません。

この距離だったらこのくらいの強さで十分という感覚をつかむと、よりパットの精度が上がります。

スポンサーリンク

100切りを目指すならコースマネージメントも必要

100切りを達成するには、ボギーとダブルボギーが9ホールずつでも可能となります。パー4であれば5打ないし6打で上がればよく、2パットで上がることを前提とすれば3打ないし4打でグリーンに乗せることになります。

最初の1打で100ヤードから150ヤード圏内に持ってきた場合、次のショットでは30ヤードから50ヤード圏内に持っていくようなショットで十分です。

男性などはそれくらいの距離であればグリーンに乗せようとしますが、女性の場合、そこまで無理をする必要はなく、まずは近くに寄せて、アプローチショットでピンに近づけるということで十分です。

このようなコースマネージメントをしておくと、いかにしてスコアを向上させていくか、そのイメージがつくようになります。

パー3ではできるだけ1オンをさせれば、2パット程度かかったとしてもパーで上がることができ、場合によってはバーディーをとることも可能です。そうなれば他のホールで失敗したとしてもリカバーできます。

基礎を固める

ショットの正確性、パットの感覚、コースマネージメント、これだけでスコアを向上させることはできますが、後はバンカーショットや難しいライなど克服しなければならないことはたくさんあります。

ただ、それは女性だけに限らず、男性も同じように難しく感じており、そういった練習もなかなかできないのが現状です。

プロであればそこからうまくリカバーさせることがプロとして続けていくうえでは非常に重要ですが、アマチュアはそこまですることはありません。

むしろ、応用力を伸ばすのではなく、基礎を固めることが大事です。パットに関しても、人工芝の上でパットの練習をするだけでも感覚をつかむには十分ですし、レッスンスクールで言われたとおりにやっていればスイングの基礎は確実に身に付きます。

失敗しても引きずらない

あとは考え方1つであり、1回失敗したとしてもそれを引きずらないことが大切です。

常に100切りを目指すことと、1回でも100を切れればそれでいいというのは別の目標です。安定して100を切ることができる人はいずれ90切りが目標になっていきます。

100を切るには安定的に110は切っている状態が望ましく、うまくいけば100を切れるようにするというのが理想的です。もし今の平均的なスコアが110を超えている場合にはまずはコンスタントに110を切ることが必要です。

そして、うまくいけば100を切る状態にし、それがコンスタントに続くとスコアはおのずと向上していきます。ゴルフは運や天気にも左右されるため、そのことも頭に入れておくことが大切です。

スポンサーリンク