ゴルフと言うスポーツは、中級者が一番悩みやすい時期になるとされています。これは自分の中である程度プレイスタイルが固まっている事が原因で、特にボールの上部を叩いてしまういわゆるトップに悩みやすいとされています。

初心者の場合は基本に忠実なスイングをしていますのでこのような問題は起こりにくいのですが、慣れてきた方は自分の打ちやすいフォームで打ってしまうようになります。

そして、それこそがトップの原因になるとされています。

スポンサーリンク

トップの原因と対策

例えばボールを高く上げようとした場合や遠くに飛ばそうとした場合には目線が自然と上を向いてしまいます。そうなると左肩が上がってしまい右肩が下がり、そのまま打つとボールをこすり上げる形になります。

これがトップと呼ばれる打ち方で、少ししか飛ばなかったりボールの手前を叩いてしまうダフリを起こしやすくなります。

また、インパクトの瞬間に体がのけぞってしまう癖がついている方もいらっしゃいます。こちらも中級者に多く、力を入れようとした結果体がのけぞってしまうようになっています。

こうなってしまうとスイングの軌道が上がってしまい、ボールの中心ではなく上部を叩いてしまうようになります。なので、こちらもトップの原因になるとされています。

ティーショットはトップが起こりやすい?

さらに、最もトップが起こりやすいのはティーショットになるとされています。

この場合は注目されていると言うプレッシャーや上手く打ちたいと言う気持ちなどの理由で、体重移動が上手くいかなかったり必要以上の力が入ってしまうケースが多く見られます。

このようなトップは一回二回程度なら大きな問題にはならないのですが、何回も繰り返してしまうとイップスなどの問題にも繋がる可能性があります。

なので自分の打ったボールがトップ気味だと感じた場合には、できる限り早く原因を突き止めて対策を講じる必要があります。

目線を前方に置く

具体的対策としては、まず目線が上を向いてしまう時には目線を前方に置くことが重要になります。目線の高さにある景色などを目安にして、上を向いてしまう事を防止します。

こうする事でボールの中心に当てる事が可能になりますし、フォームの矯正にも繋がるとされています。

体がのけぞってしまう方の場合

次に体がのけぞってしまう方の場合は、ボールの10㎝ていど前方まで振りぬくように意識する事が良いとされています。

こうする事で実際のインパクトの瞬間とイメージのインパクトの瞬間がズレますので、体がのけぞった時にはボールは既に飛んでいるようになります。

そうなるとトップは起こりにくくなりますし、しっかりクラブフェースにボールが乗りますので高い打球も打ちやすくなります。

そしてティーショットの場合はですが、こちらはしっかりと体重移動を意識するかコンパクトなスイングにする事が良いとされています。

しっかりと体重移動ができれば飛距離が伸びやすく、コンパクトなスイングにすればボールコントロールはしやすくなります。

スポンサーリンク

ショットの前に辺りを確認する

また、自分がショットする前にしっかりと辺りを確認する事も大きなポイントになっています。

例えば傾斜があった場合にはそれに合わせて立ち方や体重移動を考える方必要がありますし、そうしないとトップに加えてフックやスライスなど別の問題が発生する可能性が出てきます。

なおこの時のトップ対策としては、ボールの前方から後方までしっかりと振りぬく事が挙げられます。この場合は主に体重移動がメインになっていて、ボールを中心に前後10㎝程度を意識すればスムーズな体重移動が可能になります。

そしてティーショットでトップしてしまう意外な原因として、ボールの行方をすぐに見てしまうと言いう物があります。これは最も盲点になりやすいポイントで、トップの対策としては気づきにくい物になっています。

例えばインパクトの瞬間にボールの行方が気になってしまうと、クラブを振りぬきながら見てしまうようになりますのでそれだけで体の軸がブレてしまいます。

そうなると当然ボールの中心を叩けなくなり、上部を叩いてしまったりダフリやすくなります。したがって、スイングからインパクト、フォロースルーまでボールの行方は気にしないようにする事が重要になります。

ただ、これはゴルフをプレイする上では非常に難しい物になっています。自分のショット結果が気になるのはゴルファーの本能とも言えますし、次のプレイの為にもボールの確認をしておく事は大きなポイントになります。

なので、顔を上げるタイミングを一呼吸だけ置いて遅くするように意識する事が良いとされています。こうする事で体の軸が安定しますし、トップしてしまう可能性を最小限にする事ができるようになります。

なおこのような対策は自分一人で行う事もできますが、できれば友人などに見てもらった方が方が良いとされています。

ただ自分一人で行いたいと言う方も大勢いらっしゃいますので、そのような方はビデオカメラなどを用意して自分で客観的のチェックする事が重要になります。

スポンサーリンク