ゴルフ場でのキャディのアルバイト。特に若い子は仕事でもオシャレでいたいですよね?

オシャレと言えばネイルやカラコン、つけまつげ。服装も気になるところです。

キャディのアルバイトはオシャレをしても許されるんでしょうか・・・

スポンサーリンク

キャディに求められるもの

ゴルフはただ趣味でやるという人ばかりではありません。中には接待でやっている人もいればプロを目指してトレーニングをしている人と需要の理由は様々です。

そんなゴルフで必ずといっていいほど必要な存在がキャディです。打ったときには元気よく声を出してくれたり、一緒にコースを回っていろいろとお世話をしてくれたりと快適に楽しむことができるように尽力してくれます。

そんなキャディはアルバイトで募集されている仕事なので、学生から年配の人など様々な年代の人が集まりますし、指導をするわけではないので知識がなくてもつとめることが可能です。

そんなキャディの仕事をしているのは女性がほとんどです。なぜそのようなことになるのか、それはゴルフをしに来る人が男性であることが多いからです。

もちろん女性がプレイすることも多いのですが、傾向としては男性の方が多いというのが実際です。ゴルフというのはただボールを打ってホールに入れる回数を競う競技ではありません。

マナーやエチケットを重んじるスポーツでもあるものだからこそ接待で利用されたり専門用品も高額だったりするのです。国の大統領たちが交流の一環としてゴルフをするのも分かります。

つまり格式高いスポーツとして認識されているためそこにつとめるキャディもそれなりの格式が求められます。

スポンサーリンク

大切なのは外見ではなく対応力

とは言え銀座のクラブなどとは違うので品が合って美人の人でなければならないというわけではありません。

キャディは接客業の1つなので、お客様に対して気持ちのいい接客ができるかどうか、楽しくゲームに集中できるようサポートする気遣いができるかどうかという点が大切になってきます。

つまり大切なのは外見ではなくその対応力です。だからこそ若い学生であっても年配のおばさんであってもつとめることが可能なのでしょう。

若い女性であれば派手なネイルを好んだりカラコンをしたりするようないわゆるギャルが集まることもあります。それは格式高いスポーツ故に時給も高めに設定されているからです。

高時給の仕事としてキャバクラなどのナイトワークがありますが、昼間に同じくらいの収入を得られるアルバイトはこのキャディの仕事でもあります。

ギャルでも働ける?

ギャルは働くことができるのかどうかという悩みを持つ人がいますが、それは場所によります。

ゴルフをしに来る人にも様々なタイプがあり、ただ楽しむための場であれば比較的安い料金体系で楽しむことができるので品というよりも楽しむことがメインとなります。

中にはかわいい子にお供してほしいという気持ちで来る人もいるのである程度若々しいルックスの女性がつとめてくれた方がいいと考えるところもあるでしょう。

若くてかわいい子に盛り上げてもらった方が楽しい時間を過ごす事ができるという考えはキャバクラに行ってお酒を楽しみたいという男性の考えと同じです。

派手すぎるネイルなどが目についたら「それは邪魔じゃないだろうか」と気にされてしまう場合がありますが、多少派手な身なりをしていても何も言われません。

それはわざわざそこにつとめているスタッフの身なりを気にする必要がないからです。

場所によっては品格が求められる

しかしプロを養成するような場所であったり、偉い人が来るような場所では品が必要で格式がある程度高くないといけません。そのためマナーやエチケットをきちんと考えることができるような人が求められます。

ネイルはもちろんのことつけまつげなども許さないという厳しい場所もあるでしょう。誰が見ても恥ずかしくないような人を雇う必要があるからです。

あまり若くてかわいらしい子がそばにいるとゲームに集中することができない、またその身なりが気になってしまうという人もいるでしょう。そういったことから若い子よりも年配の人の方が好まれる傾向にあります。

それなりの身なりが求められる

このようにどんな人が求められるのかは大きく異なるためどんな身なりでも良いのかというのは一概には言えないのです。

働きたい場所があるのであればその場所のランクに合わせた身なりをする必要がありますし、身なりを優先したいのであればそのランクに合わせた場所を選ぶ必要があります。

アルバイトだからと許される場合もあればそうでない場合もあります。それは雇用形態がなんであれ、社会に出ればお金が発生し、それに対する仕事をしなければならないからです。

若い女の子であればかわいらしい格好で働きたいという人もいるでしょう。更には経済力のあるお客さんとの出会いが欲しい、男性とお近づきになりたいなどの仕事とは別の目的を抱いている人も少なくはありません。実際に有名人が遊びに行くというのもよく耳にすることだからです。

まとめ

結局はオシャレをしてつとめることができる場所かどうかというのはその場所に確認しなければならないということを忘れてはなりません。

ネイルはダメだけどつけまつげ程度ならば良いというようなラインもバラバラなので、自分に合った場所を選ぶようにすることが大切です。

スポンサーリンク