ゴルフでべた足とはべた足スイングのことを指し、右打ちの場合にアドレスからインパクトにかけて右足の裏を地面から離さずにショットするスイングの方法です。

ゴルフのスイングは下半身の使い方がとても重要です。下半身が安定していると体の軸がぶれないためミスショットの可能性が低くなりますが、下半身が動いてしまうと体の上半身のバランスが崩れるためスイングが乱れ、クラブヘッドに正確に当たらなくなることからミスショットが発生しやすくなります。

べた足スイングは下半身の安定を保ちやすいフォームで多くのプロゴルファーが採用しているスイングですが、正しいフォームでプレイしないとショットの際のミスを起こしやすいのが特徴です。

スポンサーリンク

べた足スイングの方法

べた足スイングの方法は、スタンスは肩幅でアドレス時には膝を曲げずに腰を曲げる前傾姿勢で両ひざ上の大腿部に力を入れます。

右足に体重をかけてスイングを開始しますが、テイクバック位置までは縦振りで進みテイクバック後は横振りを意識して、インパクト前に左足のつま先に腰を移動させる感じで右足をキックインするイメージです。

通常のスイングでは体重を右足から左足へ移動させますが、右足が浮きやすくなってしまいます。それを防ぐのがべた足にすることですが、べた足のデメリットは足を意識しすぎるとダフってしまうことで、メリットとしては方向性と強いインパクトが可能となるので、ボールに力が加わり飛距離を大幅に伸ばせることです。

べた足スイングの練習方法

べた足スイングを身に付けるための練習方法は、アドレスからインパクトにかけて右足の動きを意識しながら、なるべくコンパクトなスイングを心がけて練習することが大切です。

スイングの振り幅を小さくすることで上半身にかかる無駄な力みを無くし、頭が動かずに軸が安定するためしっかりとボールを打つことができます。

インパクト時には右足の裏は地面を強くグリップするイメージで、腰をしっかり回転させることがポイントです。

腰をしっかり回していないとどうしても手打ちになってしまい、飛距離はおろかコースも狙った方向には行かなくなってしまうので気を付けましょう。フィニッシュでは右膝は完全に伸びきって、ほぼ右足には体重が乗っていない状態で、右足裏はつま先立ちとなるようなイメージで繰り返し練習しましょう。

但し、右足ばかりを意識していると、フィニッシュ後のフォロースルーで体が右寄りになってしまうことになるので注意が必要です。

スポンサーリンク

べた足スイングはアンアンで効果を発揮?

べた足スイングはドライバーショットよりも、アイアンショットで効果を発揮します。これは飛距離を伸ばすスイングと方向性を確実とするためで、多くのプロゴルファーもアイアンでのべた足はほぼ定番となっています。

まずはアイアンショットで練習の成果を試し、自分の思い描いたショットを打てるようになったら、ドライバーショットにも挑戦してみましょう。

べた足が定着すれば必然的に腰の回し方も上達するので、ドライバーにも大きく影響を与えることは間違いありません。

練習を続けることにより体幹も強くなるので、ドライバーショットの際の前傾姿勢にも乱れが少なくなるので、飛距離も大幅に伸ばすことが可能となります。

べた足スイングのまとめとしては、このショット方法が優れているわけでは無く、腕を使わずに腰を使ってスイングすることがゴルフでは一番大切である、と言うことです。

初心者へのアドバイスとして腰を使って打つように指導されることがありますが、口で言ってもなかなか伝わることではありません。

べた足とはこれを覚えるには最適な方法で、右足を意識して練習をくりかえることにより自然と腰が入るようになります。

そして腰が入るようになると腕の動きもしなやかになり、腰の動きと連動して体に巻きつくような腕の動きを習得することができます。更にこれらのアプローチが上達するとフィニッシュでは意識的にしなくても自然と右足も上がるようになり、理想的なフォームが完成します。

最後に

ゴルフ場は山あり谷ありのコースが一般的です。つま先上がりやつま先下がりの場所や、右上がりや左上がりの傾斜地では大きく体重を動かしてショットすることは不可能です。

コンパクトで軸のぶれないスイングが要求されますが、場所によって打ち方を変えるのはプロであっても難しいものです。

べた足とは、そのような場所を含めてどこでも通用するスイング方法として、大変効果的なフォームです。

べた足は以前から日本の選手も使ってきましたが、韓国の女子プロ選手が注目されるようになり、広く世間に知られるようになりました。

韓国女子プロのスイングは効率よく飛距離を出しており好成績を挙げていますが、日本で活躍しているほぼ全ての選手がべた足でプレイしていることから、改めて注目されることになり、現在では初心者からアマチュアまでが基本スタイルとして取り入れています。是非習得して、安定した力強いボールを打てるようになりましょう。

スポンサーリンク