フェアウェイウッドの使いこなしは、ゴルフにおいてとても重要で、初心者なら早めに打ち方の基本を身に付けておくことが大切です。打ち方一つで飛距離に大きな差が生じますから、なるべく早くフェアウェイウッドに慣れるのが理想とされます。

スポンサーリンク

フェアウェイウッドの打ち方

フェアウェイウッドは元々、アイアンよりも簡単に飛ばせるように作られているので、コツを掴んで正しく打てればボールは飛びます。

打ち方の基本的なイメージとしては、ソールを横にスライドさせる軌道で、払う感覚で打ち抜くのが最も正解に近いでしょう。

ソールの形状はアイアンに対する優位性なので、安定感に期待できることを理解したり、この利点を上手く活用する重要性を知ることが感覚を身に付けるコツとなります。

逆にすくい打ちは、フェアウェイウッドの良さを台無しにする打ち方ですから、絶対に避ける必要のある注意の基本です。

横にスライドするイメージの軌道は、実はボールにとっての理想的なロフト角を保ちやすく、おかしな払い方をしなければゴルフに慣れていない女性でも楽々とボールを飛ばせるはずです。

女性にとっては、中々飛ばないボールが飛ばせるチャンスに変わりますから、男性よりも真っ先に身に付けるのがおすすめのクラブです。

スポンサーリンク

フェアウェイウッドの飛距離

素直に打つと飛距離が出るので、いくつかのポイントと注意点を踏まえれば、案外誰でもコツを掴むのは難しくないものです。

力任せの打ち込みは、フェアウェイウッドの特徴や利点とは相反しているので、この意識のままでは上手く使いこなせません。

反対に、クラブのヘッドに点があることをイメージして、そこをボールに当てて払い打つようにすると、ロフト角通りの飛距離が期待できます。

ボールをセットする時は、体の中心よりもやや左足寄りを基本に、ヘッドがボールに当たる瞬間に理想的な角度が出る、その位置に決めます。

ソールをスライドさせるイメージが湧かない場合は、垂直にホウキを持つ姿をイメージして、地面をサラッと払う感覚を想像しましょう。

力みは正しい打ち方を身に付ける妨げとなりますから、力を必要とするアイアンとは別物と考え、適度な脱力に重点を置いて軌道やロフト角を確認することが肝心です。

男性にも負けないインパクト

女性はもう一点、脚のラインと体重移動を意識して男性に負けないインパクトを出すことが、真価を発揮する為の鍵になります。

右足の内側は体を支える軸なので、スイングの際にはバランスを崩さず、綺麗な姿勢を保つことが不可欠です。

その代わり、上半身はダイナミックに使い、捻りを下半身で受け止めるのが理想的なフォームに他なりません。

体重移動は左足の膝がポイントで、左膝の高さを基準に右膝を合わせ右から左に移動しつつ、水平に保った腰を回転させて胸の前でボールを打つのが美しいフォームのコツです。

腰の回転の早すぎと、ヘッドの遅れはインパクトの低下に結び付きますから、こうなりやすい女性は特に、タイミングを合わせる練習が上達に欠かせないでしょう。

ユーティリティとの違い

フェアウェイウッドの飛距離は、他のクラブと同様に番手ごとの目安が決まっていて、例えば3番なら約220ヤード、5番でも200ヤードまで目指すことができます。

ユーティリティとの違いを考える際、フェアウェイウッドの特徴は必ず比較に挙がりますから、類似点や違いを理解して選ぶことが重要です。

5番から9番の間は異なるクラブが重複するので、時にどちらを選べば良いか、あるいはどのような組み合わせが最適なのかと、選び方を難しく感じさせることが少なくありません。

ユーティリティとの違いの比較結果は、簡単にまとめればボールの弾道と着地後の軌道が顕著で、ボールの上がりやすさと滞空時間の長さが大きな差になります。

ユーティリティで打ったボールは低い軌道を描き、着地のタイミングが早く着地後のランは長めです。

ボールがスルスルと転がって行くので、障害物の心配のないフェアウェイ上で、グリーンに狙いを定めたい時に活躍します。

クラブの選び方

しかし、高低差や障害物のあるフェアウェイでグリーンを狙ったり、アプローチでしっかりとボールを止めたい場合は、フェアウェイウッドの選択とそれを使いこなす技術が活きます。

クラブの選び方としては、ユーティリティとの違いの比較を経て、実際のプレーで使い分けたり、使いやすい方を選ぶのが基本となります。

最終的にはやはり、ロフト角が使いやすさや結果に直結しますから、ゴルフクラブのセットに欠けているロフト角を持つ番手を選ぶことになるでしょう。

5番は初心者にも使いやすいので、初めて使ったり練習するのであれば、この番手が上達の鍵を握ります。

一方、3番は飛距離が出るものの中級者以上向けですから、最初から練習したり上手く使いこなせなくても大丈夫です。

まとめ

これらをまとめると、フェアウェイウッドの特徴は女性でも使いやすく、正しいフォームでボールが良く飛ぶ、という他のクラブとの差が明確に現れます。

ロフト角が選び方のコツで、扱いが難しい3番よりも5番が初心者に適しています。

ユーティリティとの違いはボールの飛び方や軌道にあるので、それぞれの特徴の理解を深めると、組み合わせの難しいゴルフのクラブセットが選びやすくなります。

スポンサーリンク