アプローチイップスとは何か?

アプローチイップスというのは、アプローチをする時になると急に腕がかじかんだような状態になり、上手くスイングが出来ないようになる状態です。

素振りでは問題なくスイングできるものが、アプローチショットとなると体が硬直してまともな振りが出来ないようになります。

そのため、ボールはまともに飛んでいくようなことはなく、何打売ってもグリーンにすら乗らないというような状態になることをいいます。

基本的には恐怖症のようなものと考えると分かりやすいかもしれません。別に素振りとアプローチショットでポールの有無ぐらいしか変わらないのですが、心の状態が全く違うことによって体が思うように動かなくなる状態です。

蛇に睨まれた蛙というと分かりやすいかもしれません。ただ、アプローチショットの場合は蛇にあたるのがボールということになるのかもしれません。

実際にはボールは何ら動くことはなくその場にあるだけですから、恐怖の対象となるものではないのですが、それがあることによって、過去の自分の悪いイメージが引き出されてくるので、どんなに練習をしても、まともなスイングが出来ないということになります。

よく似たような症状としてあがり症のようなものをイメージすると分かりやすいかもしれません。人がいなければ普通に喋れるのに多くの人の前に立つと急に喋れなくなる人がいます。

これは極度の緊張状態に陥るからですが、アプローチイップスというのはそうした緊張にも似たようなものが体に起きていると考えられます。

アプローチイップスになる原因

アプローチイップスになる原因は過去のトラウマがあることが多いと考えられます。過去にアプローチで思いっきり失敗をしたようなことがあると、その時のイメージが頭にトラウマとして強烈に残っているので、どうしてもそれがアプローチをする時に出てきてしまうというわけです。

普通はアプローチを何度も失敗してもそれを気にしないことが多いのですが、とんでもないようなことがあったり、大事な場面で失敗したりすると、そのイメージが強烈に残るので、同じようなシチュエーション、つまりアプローチをする時にそれが蘇るので、怖くて緊張してしまうというわけです。

ただ、アプローチイップスになる原因がよく分からないケースもあります。過去に大きなミスをしたような記憶もないのにいつもアプローチを失敗しているからかアプローチになると緊張するようになってしまったというようなケースです。この場合は単なる苦手意識という場合もありますが、これが何度も続いているうちにトラウマ的になることもあるようです。

自分自身にアプローチが下手だと言い続けた結果、本当に脳が下手なことを認識してしまったということになるのかもしれません。

このように脳というのは、さまざまな影響を受けて動いているので、すぐに洗脳されるということがありえるということです。

アプローチイップスというのは、過去のトラウマに洗脳されてしまった状態で、その原因は一時の経験の場合もありますし、経験が蓄積されていくことでなる場合もあります。

アプローチイップスを克服するには?

アプローチイップスを克服する方法は脳の洗脳を解くしかありません。即ち自分がアプローチが下手ではないという事実を脳に与えてあげることです。

これは、簡単に出来る場合もありますし時間がかかる場合もあります。基本的には簡単なアプローチを繰り返して、脳にアプローチが出来るということを信じられるようにしていくのが基本です。

アプローチイップスにならないぐらいの簡単なとこでアプローチを繰り返していくといいでしょう、脳は洗脳されやすいのです。アプローチイップスになるのも洗脳されたからですから、これを克服するのも洗脳させて克服すればいいわけです。最も確実に脳を洗脳出来る方法は同じ成功体験を繰り返していくことです。

これによって脳は自分は出来るというように洗脳されていきます。そして、徐々にアプローチのレベルを上げていって、過去にアプローチイップスが起きたようなところでも、症状が出ないことを確認するまで段階的に脳を洗脳していきます。これが基本的なやり方といっていいでしょう。

また、全く別のシチュエーションにしてしまうという方法もあります。例えばアプローチだけは右打ちではなく左打ちにするというようなことも出来ます。

こうすると、恐怖心よりもどう打つのかということの方に脳の働きが動くので過去のトラウマを考えていることが出来なくなるのです。

脳を忙しく働かすことで過去のトラウマを思い出すことが出来なくするという方法もないことはありません。

アプローチイップスのまとめ

アプローチイップスというのは、脳が過去のトラウマによって洗脳された状態です。ですから、これを克服するには、その洗脳が解かれるようにするといいわけです。

具体的には簡単な成功体験を繰り返して、脳がトラウマを思い出さないようになるまで、成功体験で記憶を埋め尽くしていくという方法や、全く違う打ち方をするなどして、脳がトラウマをイメージする暇がないようにして打ってしまうという方法もあります。

脳の洗脳を解くというのがアプローチイップス克服の鍵です。