ゴルフのショートコースって何?初心者や女性におすすめの理由は?

ゴルフを始めたばかりの方や女性の方では、通常の1ラウンドを回ろうと思うと大変な事も少なくないでしょう。1ラウンドは1日で18ホールと言うことになり、パーは72となっていることが多いです。

これに掛かる時間は平均的な方で大体5時間前後になりますが、初心者や女性の場合はもっと時間も打数もかかってしまうでしょう。

この点でショートコースでしたら、コース自体も短く、9ホールでパーは25から30程度を目標とします。まだまだ飛距離が出せなくて打数が増えてしまうという方や、パットが安定しないと言う方でも、最後まで集中して回りやすいでしょう。

フルラウンドで回るには自信がない時や、最後まで体力や気力が保たなかったと言う方は、ショートコースから少しずつステップアップしていくのがおすすめです。気軽に楽しみやすいショートコースで腕を上げると、もっとゴルフが楽しくなって来るでしょう。コンペも9ホールで開催される事も増えていますので、必ずしもフルコースにこだわる必要はありません。

老若男女問わずに楽しみやすいのがゴルフですが、ショートコースならば更に気軽に親しめるでしょう。ファミリーでも参加できるほどなので、ゴルフを始めたばかりの仲間を誘う際にもおすすめです。

スポンサーリンク

ショートコースのメリットとデメリット

ショートコースは18ホールを回るのに比べて、時間も打数も少なくて済みます。特にフルにラウンドを回ろうとすると中盤から終盤は体力や集中力が続かないと言うこともあり、打数も増えてしまいかねません。短時間で最後まで集中して練習しやすい点は、ショートコースの大きなメリットでしょう。

短時間で回れるので、時間にゆとりがもてるのも魅力です。午前中にコースを回って、お昼前には終了することも出来ます。午後からは家族サービスをしたり、ゆっくりくつろぐなど、色々なプランが考えられます。買い物や家事が必要な場合でも、時間に余裕を持って楽しむことが出来るでしょう。

金額的もリーズナブルですから、お小遣いに響く心配もありません。フルでのラウンドに比べ、半額から3分の1程度に抑えられるコースも有ります。予約無しでも大丈夫なケースもしばしばで、気軽に足を運びやすいです。

ショートコースのデメリットとしては、基本的にコース自体が短いことと、ゴルフ場によっては本格的ではない場合があることです。ゴルフ場によってはドライバーを使えないと言う場合もあり、不満に感じられる場合もあるかも知れません。現在はショートコースでもしっかりとしていて、ドライバーの使用も可能なゴルフ場も増えていますので、そう言うゴルフ場を探しましょう。

スポンサーリンク

ショートコースに行くときの服装や持ち物は?

ショートコースとは言っても、しっかりとホールを回りきるための持ち物や装備は大切です。打ちっぱなし練習から初めてホールにチャレンジする場合には、今までとは違う状況になるので気をつけましょう。特に服装規定は緩いですが、ある場合には気をつけることが大切です。

絶対に忘れては行けないのはゴルフクラブとボール、ティーとマーカーです。特にティーとマーカーは小さいのでついつい忘れがちですが、気をつけて持っていきましょう。ボールは気に入ったものを持っていけば良いですが、多めに用意しておくほうが安心です。

服装はゴルフをしやすい服装で構わないですが、シューズについては専用のものを用意しましょう。ゴルフシューズは普通のスニーカーと違い、形が崩れにくく足をしっかりとホールドしてくれます。帽子は夏場は特に被っておいたほうが良いですし、ゴルフ場によっては必須となっているケースもあるので注意が必要です。

他には汗ふきタオルや着替えは持っておくと便利です。雨の予報でしたらレインウェアもあれば持っていきましょう。

女性の場合は上記に加え、日焼け止めクリームや保湿製品などのアイテムを用意しておきたいものです。夏場は日差しが凄いですし、他の季節でも紫外線や乾燥などへの対策が欠かせません。シャワーを浴びられる施設では、コスメグッズを用意しておくのも良いでしょう。

ショートコースの回り方や注意点

ショートコースは気軽に回れますが、ゴルフ場ごとに決まり事やルールはあるので、事前にチェックしておくことが大切です。うっかりマナー違反やルール違反にならないよう、気をつけて気持ちよくプレーしたいものです。

ショートコースは気軽ですし、一人でラウンドすることもありますが、かと言って好き放題は禁物です。同じホールを何度も回ったり、打ちっぱなし状態で何度もボールを打つのは、止めたほうが良いでしょう。あくまでもラウンドを回ると言うのが趣旨です。

ルールやマナー、エチケットについては自分で学んでおく必要があります。ゴルフは紳士のスポーツと言う事で、これらの決まり事を無視していると、不要なトラブルを招きかねません。ラウンド前には他のプレイヤーに挨拶をすることで気持ちよく回れますし、上級者からアドバイスを貰えることもしばしばあります。特に初心者で打数が多い場合には、一言でも挨拶をして置く方が良いでしょう。

ラウンドでは基本的に自分で移動することになります。キャディーが居ませんので、好きなクラブを選んで使うと良いでしょう。セオリーにこだわらず、やりやすいように打ってく方が好成績を出しやすいです。

このようにショートコースでは気軽にプレーしやすいとは言え、ルールやマナーは大切です。上級者と一緒に回って色々と教えてもらうのも一手でしょう。

ショートコースのまとめ

ショートコースは気軽にゴルフを楽しめる魅力が支持され、今では綺麗なコースや新しいコースも良く見当たるようになりました。多数のものがありますので、情報誌や情報サイトを活用すれば、好ましいショートコースを探すことが出来るでしょう。

予約はオンライン可のものも増えており、何かと手軽に回りやすくなっています。そろそろラウンドを回ってみたい方や、より本格的にゴルフを楽しみたい方は、どのようなゴルフ場があるか見てみると良いでしょう。

スポンサーリンク