ゴルフは屋外スポーツなだけではなく激しく体を動かすこともないため、寒さはプレーに大きな影響を与えてしまいます。体が思うように動かない上に、コースの雰囲気もいつもと違うと感じたことはありませんか。

スコアも悪くなってしまうから冬のゴルフは苦手、という方は少なくないでしょう。しかし、実は手軽にできる防寒対策をするだけでぐんと冬のプレーを楽しめるようになります。

冬はコースが空いていたり安くなっていたりとメリットも沢山あるので、きちんとポイントを押さえて寒さを防ぎ、快適にプレーできるようにしましょう。

スポンサーリンク

たった2つのコツで防寒対策

寒さの対策といわれて一番に思い浮かべるのはやはり服装ですが、とにかく重ね着をしたり、厚手の服を着たりするのは禁物です。

せっかく温かい格好になったのに今度は着膨れしてしまって思うようなスイングができない、なんてことになりかねません。何枚も着たりせずとも、たった2つのコツを押さえるだけで十分に寒さ対策ができます。

そのコツとは体の熱を外に逃がさないこと、風が入り込まないようにすること。どちらも当たり前のことではありますが、案外できていないという方も多いです。

自分の服装がきちんとポイントを押さえられているかどうか確認してみましょう。

重要なのがインナー選び

まず重要なのが中に着るインナーです。体にぴったりとフィットして体温を外に逃がさないものを選びましょう。ハイネックやタートルネックになっているものであれば首回りも温めることができます。

最近では汗を吸収して発熱してくれる高機能なインナーもあり、寒がりな方でも安心です。

また、スポーツメーカーが開発したものであれば筋肉の動きをサポートしてくれるため、より高いパフォーマンスを発揮したい方に向いています。下半身もタイツなどを着用して寒さから守るのが肝心です。

アウターはどんなものを選ぶ?

次に外に着るアウターですが、プレーの邪魔にならないような薄手で風を通さない素材になっているものを選びましょう。

ウインドブレーカーやダウンジャケットなど色々あるため、自分の好みに合わせて動きやすいものを選んでも問題ありません。

裏起毛になっているものや手首・足首が隙間なく保護できるようなものがおすすめですが、腕がごわごわしてスイングの邪魔になってしまうという場合は思い切って半袖タイプを着るのも手です。

急な天候の変化にも対応できるように雨等を弾くアウターを持っていれば安心してプレーできるでしょう。

スポンサーリンク

小物で防寒対策

これだけでも十分温かくなれますが、まだ少し足りないときは帽子や耳あて、手袋、ベスト、腹巻などを組み合わせると効果的です。

腹巻なんてと考える方もいるかもしれませんが、冷えやすいお腹だけを温めることができ、プレー時に気になる腕部分を邪魔しないためゴルフをするには調度いいアイテムなので、積極的に利用するのがおすすめです。

やっぱりカイロは強い味方

これらにプラスしてカイロも用意しておきましょう。冬場の心強い味方となるカイロですが、首の付け根や腰の辺り、くるぶしの上等に貼るとより効率的に体を温めることができます。

貼らないタイプのカイロもポケットに入れておくとよいでしょう。

体の中からポッカポカ

もちろん、防寒対策は体の外からだけではなく体の中からも可能です。体を温められる食べ物は色々ありますが、その中で一番のおすすめは生姜湯です。

市販の粉末タイプを使用しても自分ですりおろして作ってもいいので簡単ですし、蜂蜜などを加えればおいしく飲むことができます。紅茶などでアレンジするのもいいですが、利尿作用が強いため気をつけましょう。

出かける前やプレーの合間に飲むだけで体の芯から温まることができます。

ストレッチで準備万端

プレー前にはストレッチをして体を温めておきましょう。事前に何かを用意する必要がないため、これが一番手軽にできる寒さ対策であるといえます。

特に冬は寒さで体が硬くなっていて怪我をしやすくなっているため、十分な準備運動は必須です。特別なことをする必要はないので、10分ほどかけてじっくりと体をほぐし、快適なプレーができるよう心がけましょう。

汗のかき過ぎは注意?

これで寒さ対策も万全、と言いたい所ですが、注意しなければならないポイントが1つだけあります。それは汗をかき過ぎないようにすること。

汗をかけばかくほど体温が下がり、そのままにしておくと不快なだけではなく風邪をひく原因にもなってしまいます。その日の天気や体調、体質などを把握して自分に合った防寒対策をできるようにするのが大切です。

また、どうしても汗をかいてしまうといったときのために、アウター等はすぐに脱げるようにして調整するのもよいでしょう。

まとめ

寒いからといって冬の間はプレーしないなんて勿体ないと感じませんか。他の人達がやりたがらない時期だからこそ冬は上達ができる絶好の機会であるといえます。

体温を逃がさないインナーや冷たい風を通さないアウター、体の芯から温まれる飲み物、体をほぐすストレッチなど手軽にできる防寒対策を工夫して、寒さに負けることなくプレーを楽しみましょう。

スポンサーリンク