ゴルフを始める際、多くの人が悩むのがボールコントロール。大きく右に逸れるとか、左斜めに真っ直ぐ突進するようになってしまったという経験をお持ちのゴルファーは多いと思います。

そこで、今回は真っ直ぐ飛ばすための秘訣を説明します。なお、本文では右利きを想定して書きますので、レフティーの方はその部分を読み替えて解釈してください。

スポンサーリンク

ゴルフボールを真っ直ぐ飛ばす秘訣

まず始めに押さえておくべきは、「真っ直ぐ飛ぶ現象」の理解です。真っ直ぐ飛ぶとは、地面と平行な面内の回転運動が発生しない状態。野球で言えばカーブ、シュートの元になる回転です。

どのクラブにもロフトがあるので、進行方向と同じ向きの回転、つまりバックスピンやトップスピンも発生しますが、話を単純化するために、こちらの成分はここでは忘れてください。

このように、上から見た場合時計回りまたは反時計回りの回転さえ生じなければ、ボールは打ち出されたとおり途中で曲がることなく真っ直ぐ飛んで行きます。

途中で曲がる現象は、左に巻いて行くのがフックで右に巻いてゆくのがスライスです。圧倒的多数の初心者が悩むのがスライス。フックは、理論先行型の初心者または強打者だった野球経験ありの初心者に見られる傾向があります。

スライスおよびフックの物理現象が理解できたところで、次は、それらの現象を引き起こす運動について説明します。回転が生じる原因は、インパクトの最中に擦っているためです。

なぜボールは曲がってしまうのか?

理想的なインパクトは、クラブフェースがボールに対して垂直にぶつかり、離れるまで垂直を維持すること。クラブフェース側の接点はスイートスポット内である必要があります。

もしもスイートスポットを外すと、たとえインパクトが理想的な角度で始まったとしても、フェースが回転ドアのように回転し、それによって生じた運動がフックやスライスを引き起こします。

フェースは半回転もしないので、シーソーがバランスを崩して片方に沈むイメージの方が分かり易いかも知れません。

しかし、スイートスポットで捕らえるだけでは不十分です。

実は、曲がる原因のほとんどがこれに該当するのですが、曲がる悩みを持つゴルファーは、フェースは狙いどおりの向きでありながら、インパクト中のクライブの軌道が手前から入って奥に抜けたり、あるいはその逆になっています。

前者の軌道をインサイドアウト、後者をアウトサイドインと呼び、前者はフックに、後者はスライスに直結します。卓球のカットのイメージでしょうか。見事に擦っているので飛び出した後で曲がるのは当然です。

スポンサーリンク

もうひとつの曲がる理由とは?

クラブフェース面とインパクト軌道の組み合わせから、もうひとつ曲がる原因が考えられます。厳密に言えば曲がるというよりも斜めに打ち出してしまう現象です。

打ち出す方向はインパクト時の軌道で決まるので、例えばインサイドアウトの軌道でスイングしつつフェースがそれと同じ方向を向いていればボールはグリーンよりも右側の方向に真っ直ぐ飛んで行くことになります。

これがいわゆるプッシュアウト。スライスを改善中のゴルファーが二番目に悩む現象でもあります。

逆に、アウトサイドインの軌道でフェースが同じ向きにかぶれば引っ掛け。引っ掛けはエネルギーの伝達ロスが少ないため良く飛びます。

そのため、直さなくても良いという意見がありますが、それはだめ。上を目指すなら、スライス、フックを意識して打ち分ける必要がありますから。

真っ直ぐ飛ばすには体にあったゴルフクラブを使う

以上が曲がる理屈です。従って真っ直ぐ飛ばすためには、狙った方向に対してただ真っ直ぐに打てば良いことになります。それを実現するためには、正しいスイングを身に着ければ良いのですが、人の体は十人十色。

まずは体に合ったクラブを手にしてください。シャフトの長さ、硬さ、ライ角度など、再考に値するポイントは結構あります。見栄を張らずに、スイートスポットは広いタイプを選びましょう。

購入の際にはレッスンプロのアドバイスを受けるとより効果的です。

インパクトのイメージ作り

体に合うクラブを手にしたら、次にすべきことはインパクトのイメージ作りです。小さなスイングで理想的なインパクトの練習を繰り返し、イメージと感触を体で覚えます。

バックスイングはせいぜい胸の高さまで、フォロースルーは取りません。頭と目を動かさず、インパクトに集中します。いってみればパンチショットですね。

ゴルフを始めた頃に諸先輩方から言われたと思いますが、ゴルフの基本は何事もスクウェアです。しかし、フォロースルーを取るなといわれても慣性運動は急に止められないので、体重移動ができる人は使って結構です。

この練習に慣れて上達する頃には、インパクトの瞬間が見えるようになります。

次の段階では、程度を知ります。フェースの閉じ開き具合を変え、同時にインパクトの軌道もいろいろ変えて、どの程度細工すればスライスを出せるか、フックになるかを覚えます。

言い方を変えれば、ここまでやったらだめですよという限界を学びます。

最後に練習場では曲がらないけれど、コースでは時々曲がるという人へ。いくらスクウェアに打っても、前かがみならばスライスし、傾斜が逆ならば軌道はフックになります。ボールの打ち出しは地面に対して垂直なのでご注意を。

スポンサーリンク