初心者はもちろんのこと、アマチュアゴルファーの多くが経験するのがゴルフダフリです。

クラブがボールに当たる前に地面に当たり、飛距離が出なくなるというもので、これをやると芝生などがめくれ上がることになり、後続のゴルファーに迷惑になることがあります。

その跡がいわゆるクレーターのような状態となり、そこにボールが入るとずいぶんと打ちにくくなります。

このゴルフダフリを阻止しようと、多くのアマチュアゴルファーはゴルフ練習場で多くのスイングを行いますが、それでもコースに出ると止まらないということも多々見受けられます。

スポンサーリンク

ダフリの種類

原因にも種類があり、ドライバーでのもの、アイアンでのものでは違い、スイングの仕方でも解消法は変わっていきます。対策としてどのようなものをしていけばいいかを含めて改善点を見つけていくということが大事です。

ドライバーのダフリ

ドライバーの場合、その原因として考えられるのは前に重心が行き過ぎる、すくい上げてしまうというものです。

前に重心が行き過ぎ、突っ込みすぎてしまう要因として考えられるのは、飛距離を出そうとして力が入り、体重移動が間違った形で行われる場合です。

上体が突っ込まないようにするには両足をしっかりと地面につけてスイングを行うことが大切です。また、上体が上がる場合もゴルフダフリが起こりやすくなります。

スイングする際はボールを見る、頭を上げないことが鉄則ですが、これができていないため、ゴルフダフリに限らず、トップの原因にもなります。

前傾姿勢を維持することも大事であり、のびのびと大きく体全体でスイングすることが求められます。ベルトのバックルが下がるように股関節から前傾していくようにしていくと前傾姿勢を維持していくことができます。

ショットの際に猫背など姿勢が悪い場合もあまりいいとは言えません。ピンと背筋を伸ばさなくても多少伸ばす意識を持つだけでも全く異なります。

アイアンのダフリ

アイアンの場合は、ゴルフの軌道を知ってからの方がイメージがしやすくなります。アイアンはダウンブローの方が上がりやすくなっており、多くのアマチュアゴルファーもこれを知っています。

それでもできないのは、実際に打つポイントを間違えていることにあります。プロの場合は、スイングが一番下を通る場所はゴルフボールの先ですが、アマチュアゴルファーのほとんどはボールの真下となります。

ボールを打つポイントが前になれば、自然とその手前から打てるようになり、ボールの真下で打っているとダフリやすくなります。プロはアイアンショットの際にターフをうまくとることができます。

ゴルフダフリだと大きな芝の塊、ターフの塊となりますが、うまくダウンブローをしてあげると薄くターフをとることができます。ダウンブローに打てれば、飛距離も方向性もアップしますし、当然ダフリもなくなります。

アイアンでなかなか飛距離が出ない、飛距離が落ちたという場合には実は少しダフっている可能性もあるため、注意が必要です。練習法、解消法としては、グリップエンドを若干左側に傾けてスイングをするというものです。

すると、自然とポイントも左に移動するため、ダウンブローができます。これに注意して練習をするとうまくいくようになります。

スポンサーリンク

ダフリを直す練習法

全体を通してゴルフダフリを直すために必要な練習法としては、軸を意識してスイングを意識するため、いつものスタンスよりも狭めてスイングをするというものです。

広いスタンスだと軸がブレやすくショットが安定しません。軸を安定させるためにはそもそもブレないようにすればいいのでスタンスを狭めてしまえば大丈夫です。その状態で練習を重ねていくとスタンスのブレはなくなっていきます。

打ち上げるようなホールでは上にあげようとして、右に重心がかかることがあります。この場合もダフリなどの原因となるため、矯正が必要です。この場合はあえて左側に重心も乗せる練習がおすすめです。

すると、右に行くという意識がなくなります。もちろん、左側に乗せすぎてもいけませんが、bランスよくやっていくことで矯正していくことができます。

本当の原因を知ることが大事

多くのアマチュアゴルファーはこれだけ練習しているのになぜ癖が直らないのかと疑問に思い、練習をやめてしまう人もいます。

しかし、ここでの問題はなぜそういうことになっているのか本当の原因を知らないということです。

例えば、右足に重心がかかっている、上体が突っ込みすぎているというのを自分で気づくには、カメラに撮影しているか誰かに指摘をしてもらうかのいずれかです。

原因は1つではなく、複数が考えられるため、自分はこれがいけないと思っていても、それではなかったということも十分考えられます。

おすすめなやり方は、適切な練習法をレッスンプロなどに聞き、その練習法でひたすら数をこなすというものです。

間違ったやり方をたくさんやるからこそ間違ったスイングになるので、正しいスイングを染み込ませるためにも教えてもらってやってみることが必要です。

スポンサーリンク