ゴルフをする上で、最も多くの人を悩ませている問題の1つがスライスです。打ち出されたボールが力なく右に曲がっていく弾道は、見ていて力が抜けていく思いです。

距離が出ない上にOBの危険性もはらんでいるダックフックと並んで忌み嫌われる球筋です。

スポンサーリンク

ゴルフスイングのスライスは直せるの?

スライスを直すためには、スイング矯正を始めとした様々なアプローチ方法が存在します。まず、グリップ、アドレスから見直してみることが大切です。

グリップは、スクエアと言われるものから左手の甲がより多く見えるフックグリップ、その逆のスライスグリップと呼ばれる握り方があります。

好みにもよりますが、一般的にはフックグリップの方が手首を返しやすくボールも捕まりやすいので、ボールは左方向に飛ぶ可能性が高まります。まずここを見直すことから始めたいです。

アドレスをチェックしてみよう

アドレスにも注意点は多いです。ボールが右に飛び出していく、右に曲がっていくということは、体全体、もしくは一部が、開き気味であることが予想されます。開やすい箇所をチェックしていきましょう。

まず構えた時に、左肩がそもそも開いている、つまり目標方向に対して左を指している人がいます。これではスイング軌道はアウトサイドインとなり、ボールは自然と右に曲がりやすくなってしまいます。

目標に対して右肩で方向を決めるようにすれば左肩は開きにくくなります。スタンスも重要です。アドレスを取った時に左膝、左の足がどの方向を指しているのかチェックしてください。

右足に比べて左足の方がオープンになっていると、振り抜きやすい反面、腰を中心にスイングの途中で体は開やすくなります。これが原因でボールが右に飛んでしまう人は多いです。

ほとんどのスライサーはアウトサイドイン?

アドレスを正しく取れたらいよいよスイングです。理想の軌道は、インサイドインです。ほとんどすべてのスライサーはアウトサイドインの軌道で振っています。いかにしてインサイドからクラブを下ろすかが最も重要なポイントです。

そのために第一にすべきことは、無駄な力みを取り払うことです。特に、腕や手に力が入っては、正しい軌道をクラブが通る事は至難の業です。上半身の力はできるだけ抜き、インパクト以降に力が入るような振り方をすべきです。

そのためのには、切り返しでクラブをおろすときに特に注意を払いたいです。切り返しで手や腕に力が入ってしまうと、クラブはアウトサイドから降りてきます。

下半身で切り替えした反動で、腕が自然と吹いてきたというのは理想の形です。これを学ぶためのレッスンとしては、クラブを逆さまに持って振ってみると良いです。ヘッド側を持ってスイングすれば、風切り音がよく聞こえます。

インパクト以降でビュンと鋭く音がするような降り方が正解です。力んでいると、インパクトのはるか手前からブーンと鈍い音がし始めます。

正しく降らないとインパクト以降の音は出ないので、繰り返し行い感覚をつかむことが大事です。

スポンサーリンク

インサイドインの軌道が理想的

これにプラスして、クラブをグリップエンドから下ろすようにすれば、さらにインサイドから下ろしやすくなります。右肘をたたみ、体の近くを通すこともクラブをインサイドから下ろすときのコツです。

インサイドインの軌道が理想的ですが、慣れないうちはインサイドアウトでクラブを振るようにした方がイメージをつかみやすいです。

ただし、インサイドアウトでクラブを振る意識が強すぎると、クラブを上に投げ出すようなフィニッシュになりがちです。そうではなくインパクト以降を低く遠くクラブヘッドが通るようにスイングすることが大切です。

こうすることで、インパクトゾーンは長くなり、ボールを点ではなく線でとらえることができます。この方がボールは曲がりにくくなります。

体の開きにも注意

その他に体が開くことを防止するドリルとしては、胸の向きに注意をすることも良い方法です。体が開くと胸の向きは当然飛球線方向を向いてしまいます。

胸を正面に向けたままクラブが体の前を通るよう意識すれば、体を開かずにインパクトを迎えやすいです。

肩を回す角度を意識するのも1つの手です。トップで顎の下に来た左肩は前傾の角度を保ったまま回されなければなりません。

このアングルをキープしたまま振るということは、左肩は飛球線方向ではなく、やや左上方向に回っていくことがわかります。肩を左側に回すのではなく、上方向に回していく意識を持って振れば、イメージしやすいです。

下半身の動きも大事です。特に注意すべきは、左膝です。インパクトを迎えるまで左膝の角度をいかにキープするのかということが、下半身が開かないためのポイントです。

膝が飛球線方向に流れてしまっては、腰もスウェイし、軌道は乱れます。膝が開かないようにするためには、足の力を入れる場所に気をつけたいです。足の裏の親指の付け根付近の箇所、いわゆる母指球と言われるところで体重を受け止めるように意識しながらクラブを下ろしていく練習をすると、下半身に粘りが生まれ、膝は開きにくくなります。

ボールは捕まり、真っ直ぐよく飛ぶようになります。

まとめ

ゴルフのショットの究極のテーマは、遠くへまっすぐ飛ばすことです。それに近づけるためスライス癖を直すことは大変重要な意味を持ちます。

スポンサーリンク