ゴルフ会員権は、主に会員制ゴルフ場を利用する権利のことです。完全な会員制のところでは会員または会員の招待がなければプレーすることができません。

また会員以外の人もプレーできるところでは、非会員と比べて優待を受けることができます。優待としては会員料金でのプレーや優先枠による予約、またゴルフ場が開催する競技大会などへの参加資格などがあります。

スポンサーリンク

ゴルフ会員権は自分にあったゴルフ場を選ぶ

ゴルフ会員権の仕組みとしては保証金タイプと株式タイプがありますが、株式タイプは古いところでよく用いられたもので現在では、保証金タイプとなっています。

株式タイプの場合には株主となり経営にも参加することができますが、保証金タイプは株主とは異なって経営には参加することはできません。

株式タイプも保証金タイプもどちらも会員権を返上することで額面上のお金が返金されます。しかし、実際のところゴルフ会員権は発行される数が限られているため、多くの場合には市場で売買した方が有利で、会員権を手に入れる選択肢としては、その市場から購入するか、個人的に譲渡を受けることになります。

なお、不人気のゴルフ場では額面以下でしか取引できないケースもあり、そのような場合には返金を求めた方が有利ですが、額面割れを起こすようなところでは、原資が残っていないことも多く、返金を要求してもお金が返ってこないケースがほとんどです。

名義書換が必要?

またゴルフ会員権は無条件で手に入れることができるわけではなく、市場で手に入れるにしても譲渡で手に入れるにしても名義書換を行わなければなりません。

この名義書換には書換料が必要でゴルフ場によってその料金が変わってきます。

このため例え無償で譲渡を受けることが出来ても名義書換料として10万円以上するのが一般的で中には100万円以上掛かるところもあります。

また実際に会員になるためには審査があり審査に落ちればいくらお金を積んでも会員になることはできません。

また会員になると優遇を受けられますが、一方で年会費を必要とするところもあり、この場合には年会費を支払わなければ優遇を受けることができません。

このようなことからゴルフ場の会員になる場合には、その人のステータスに合ったものを選ぶ必要があります。

スポンサーリンク

ゴルフ会員権を購入する前のポイント

ゴルフ会員権を購入する前のポイントとしては、自身のステータスに合うところであるかがポイントです。まず調べることとしては、入会条件を満たしているかです。

入会条件には年収や職業を設定しているところもあり、また条件を明確にしているところもあれば不明確なところもあります。

このため事前に入会条件を満たしているかどうかを調べることが重要ですが、素人にはわかりにくいものです。

入会できるかどうかを確実に知るには会員権を売買している業者に依頼することで業者であれば入会条件を調べて通ることが可能か判断してくれます。

会員数が多ければ予約が取りにくい

また入会条件以外としては、会員数があります。会員数が多ければ多いほど、予約が取りにくいことになります。一般的に予約に影響がない数は18ホールで1200名前後と言われます。

またコースがプレーに適しているかもポイントです。ゴルフでは単にショット数を競うだけでなく整備されたコースを周り心身をリフレッシュするのが目的のところもあります。

このため少なくとも招待されたり、ビジターで実際のコースを回っておくことで、ライフスタイルに合ったものを見つけることができます。

このほか競技大会に参加したいといった場合には、会員になって参加ができるのかを調べておく必要があります。

一方でゴルフとは関係ないところでは経営状況があります。よほどのことがない限り倒産するといったことはありませんが、経営状態が悪いとコースの整備なども悪くなるのでせっかく高いお金を出して会員になっても思うようなプレーが出来なくなることもあります。いくら安いからといって経営の悪いところは選ぶべきはありません。

ゴルフ場を選ぶさいは通いやすい場所を選ぶ

またゴルフ場を選ぶさいの最大のポイントが、プレーに気軽に出かけられる場所にあるのか、という点です。いくら気に入ったコースがあったとしても、遠方では通うだけで大幅な時間が掛かりプレーを開始する前に疲れてしまいます。

会員になる以上はプレー回数を増やした方がお得ですから、やはり通いやすい場所を選ぶことがポイントです。

またもしプレー後にアルコール類を飲みたいといった場合には公共交通機関へのアクセスが良いところを選ぶのもポイントになります。

ゴルフ会員権の種類

なお、ゴルフ会員権に種類があります。昔は正会員しか選択肢がありませんでしたが、近年は平日会員を設けているところがあります。

平日会員であれば土日祝日を除く平日であれば正会員と比べて半分程度の費用で会員になることが可能です。一部の平日会員では土曜のプレーが出来るものもあり、自身のプレースタイルに合わせて選ぶことができます。

いずれにしても、会員権を購入する場合には専門の業者に依頼して入会に問題がないかチェックしてもらうのも選択肢のひとつといえます。

スポンサーリンク