ゴルフのスイングで飛距離アップをしたいと考えている場合は、まずは何より大事なのがフォームです。

基本的なことですが、このフォームが乱れてしまうと、中々飛距離は伸びてくれません。

ドライバーやボールなどによっても、確かに変わってくることはあります。重さや、使っている物の性質によっても違いは多少なりとも出てきます。

万が一、クラブが合っていなかったり、靴が合っていない、着ているユニフォームが合っていないといった外部的な要因も少なからずはありますが、一番解決すべき点はフォームにあります。

スポンサーリンク

ゴルフスイングの飛距離アップの方法

ヘッドにボールの芯を当てることが大切です。まず、構えた時の姿勢、ドライバーなどを振り上げた後に、構えた時の姿勢に戻すことによって、ヘッドにボールが当たります。その為、土台の安定が必要になってきます。

では、まずは何処でスイングするのか、その土台となっているのが、腰にあります。人間の腰は体の要になります。力士が力強くぶつかり合ったり、しこを踏む場合、腰が安定しないとあれだけの動作は出来ません。

ゴルフも同じことが言えます。まずは、腰を安定させましょう。この腰を安定する方法として、お尻に力を入れるようにしましょう。

俗に呼ばれるインターマッスルという体の中にある筋肉を使うことによって、中心軸が安定していきます。中心がずれれば、その後動かすべき足や腕もぶれていきます。

スイングする時は、まずは腰から動かすのですが、この腰の軸がぶれてしまうことによって、全体がぶれてしまい、ヘッドの芯がボールに上手く当たらずに、飛距離が伸びないのです。

最初のうちは難しいかもしれませんが、練習以外でもお尻を締めて生活するようにすれば、だんだんとコツが掴めてくると同時に、インナーマッスルを鍛えることが出来て、安定していきます。

体の中心を安定させる

余裕が出て来たら、下腹部も締めるようにしましょう。分かりにくければ、お腹を凹ませるようにします。下腹部には丹田という場所があります。この丹田という場所こそが、体の中心となります。

腰を動かす時に連動して動くことになりますので、腰を安定させることによって丹田も安定しますし、丹田を安定させることが、腰を安定させることにもなります。

体の中心であるここが全体のスイングの80パーセントを決めると言っても過言ではありません。しっかりと安定させられるように鍛えましょう。

そして、腰を動かすことによって全身を動かしていくのですが、腰回りの筋肉が硬くなっていると、動きが鈍くなります。

プロのゴルファーは柔軟性を非常に高くしていることが多く、実際にその動きを見てみると、腰のひねりが非常にスムーズに柔らかく動いています。

動かすのには、前屈をしたり、後屈をしたり、体側を伸ばすなど、腰回り、そして股関節の柔軟性を高めるようにしましょう。

そうすることによって、股関節の可動域が増えていき、腰の動きが滑らかになり、腰がスムーズに動いてくれます。その腰の動きに連動して、背骨にひねりが入り、肩が動いていきます。

スポンサーリンク

ストレッチも重要

腰を柔らかくすることは、飛距離にも影響しますが、怪我の予防にも繋がりますので、練習前や本番前にもストレッチを行うと良いでしょう。

腰だけでなく、肩のストレッチも行うことによって、腰から背骨に伝わってきた動きが肩を滑らかに動かしてくれます。

かなりの距離を飛ばそうと思ったら、肩周りもほぐしておくと良いでしょう。腰から来た動きの連鎖が肩に伝わっていき、ヘッドがボールの芯を捉えやすくなります。

色々なストレッチ方法がありますが、分かりやすく、尚且つオススメの方法はヨガなどによるストレッチ方法です。

ヨガがおすすめ?

ヨガのポーズには体の柔軟性を高めると同時に、インナーマッスルを鍛えてくれる為、ゴルフを行うのに重要な筋肉を鍛え、更に柔軟性を高める効果があります。

もちろん、手足や背骨の動きも肝心になってきます。足をしっかりと大地に安定させるように立ちましょう。このときに、足の指を意識して行うことによって、ぶれにくくなります。

本来、人間が「立つ」という動作を行う際には、足の指の力によって、ふらつきにくくなり、歩くときには転びにくくなるといった、体を支えてくれる役割をしてくれています。

しかし、最近では革靴を履いたり、自宅でもスリッパを履く機会が増えているせいか、足の指に力が入らないという方が増えていますが、指先を意識して使うことによって、また足の指に力が入るようになって、ふらつきにくくなります。

まとめ

ヘッドがボールの芯に当たるようになれば、それ程名一杯力を入れなくても飛距離がぐんぐん上がっていきます。

スライスすることもなく、真っ直ぐに飛ぶようになります。そうすれば、バンカーに入ってしまうことなどを防ぎ、目標の距離と、落としたい位置に落とすことが出来ます。

その後更に飛距離アップを望むのであれば、腰の回転を速くするなどすれば、更に伸びていきます。飛距離を伸ばして更にゴルフを楽しみましょう。

スポンサーリンク