ゴルフをはじめたばかりの初心者女性が上達するには、ゴルフスイングの基本をみにつけることです。

無理に飛距離を伸ばそうとせず、まずは正しいスイングが出来ているか確認してみましょう。

スポンサーリンク

女性は力がないから飛距離が出ない?


一般的に、男性よりも女性のほうが飛距離が伸びにくい傾向にあります。スイングの際には力をあまり使わないでいても、芯に当たればかなりの距離を飛ばすことが出来ますが、そうは言っても力があったほうがやはり飛びますよね。


力を使わないと言うよりも、「力を抜く」と言った表現のが良いかもしれません。「力を抜く」ことと、「力を使わない」ことは違います。実際に、プロのプレーヤーは筋トレなどで体を鍛えて、力をたっぷりと使えるようにしています。足腰なども鍛えています。


しかし、一般的に娯楽としてプレーを楽しみたいのであれば、筋トレを行うこともなく、スイングを変えることによて飛距離は伸びていきます。まずは、芯に当てることです。この基本がなってなければ、どれだけいいドライバーを使っても飛ぶことはありません。


まずはボールにしっかりと当てる練習を繰り返し何度も行いましょう。

はじめはスイングの幅を小さくして練習する

はじめはスイングの幅を小さくして練習してみましょう。ボールに当たるといった感覚を体で覚えていく感じです。理屈や理論よりもスポーツなどの体を動かす動作を覚えるのは感覚的な物ですから、頭で考えてばかりいても上手にはなりません。


リラックスしながら、両足の幅くらいで小さくスイングし、ボールに当たる感覚を覚えましょう。芯を捉えるといった感覚を体が覚えてきたら、スイングする幅を増やしていきます。


スイングする幅が増えればその力によってボールが遠くに飛ぶようになりますが、この時も芯に当たらなければ大きくスイングしても飛距離は伸びていきません。


必ず芯に当たるように意識しながら練習しましょう。焦らずにゆっくりとスイングする幅を増やしていくのがコツです。


関連記事:初心者でも飛距離がアップするゴルフスイングのコツとは?

体幹を使う練習


更なる高見を目指す場合は、体の使う領域を増やしていきましょう。大きくスイングしようとすると体はぶれやすくなります。また、スピードを上げようと思いっきり力を使うことでもぶれていきます。このぶれが生じてしまうことによって、上手くボールに当たらなくなるといった困ったことが生じてしまいます。


ぶれないようにするには、体幹を使うことです。俗に呼ばれるインナーマッスルと言うやつです。インナーマッスルを使うことによってぶれが生じにくくなります。体幹を使う方法はお尻を締めて下腹部に力を入れるとぶれにくくなります。


おへそから指三本程下には、体の中心、丹田という部分があります。ここを安定させることを意識して体がぶれないようにしましょう。全身が力まないように注意することが大切です。難しいかもしれませんが、お尻や丹田のみ力を入れるようにします。


普段から歩く時や料理の最中テレビを見ている時などに閉めるよにしておくとことで締め方のコツを掴めるようになってきます。そして、喉元を締めることも、体幹を使い、頭がぶれにくくなります。喉元の力と言われると想像しにくいかもしれませんが、食べ物をゴクンと飲み込む力です。


この力を使うことによって、頭がぶれにくくなり、体の芯がしっかりと固定されます。喉元の力をつける為には、胸を張り、顎を引いた状態をキープするようにします。


スイングの練習だけではなく、体幹を使う練習も効果的です。

スポンサーリンク

柔軟性を高める


芯に当てるのは感覚的なことになりますが、スイングをする際には腰回りの筋肉や背骨を支えている筋肉を使うことによってより遠心力が使われていきます。


フルスイングをした際に遠心力をより大きく使う為には、腰の動きが重要になってきます。腰を大きく動かすには、股関節や腰回りの柔軟性が必要になってきます。


腰周りの筋肉が硬くなっていると動きが鈍くなりますので、柔軟性を高めておくことで腰の可動域が増えて遠心力を使うことが出来ます。具体的には、開脚前屈や前後に脚を大きく開いたり、後屈や体側伸ばしなどが効果的です。


スイングの練習をする前や、日頃からお風呂に入った後などは柔らかくなりやすいので、ストレッチを行うようにしましょう。

ラジオ体操もおすすめ?

ラジオ体操の動きは、前屈や後屈、体側伸ばしや腰回りを回す動作などが含まれており、無理なく体の柔軟性を高めてくれます。子供のころには体育などで行うことがありますが、大人になるとあまりやる機会も減ってしまっています。


柔軟性を高めておくことで、ゴルフの飛距離を伸ばすことはもちろんですが、寒い時などに思いっきりフルスイングをして、腰を痛めるなどと言った怪我を防止する役割もあります。


硬い筋肉を無理矢理動かそうとすれば、筋繊維や神経を切ってしまいます。

まとめ

ゴルフを楽しむのにはスイングとそしてどのようにコースを攻略していくかと言った戦略も必要です。スイングを綺麗にするには、とにかく練習することです。沢山練習して安定したスイングを行えるようにしましょう。

飛距離が伸びていけば戦略方法も増えていき更にゴルフが楽しくなるでしょう。

スポンサーリンク