ゴルフはグラウンドにやってきてクラブを選び、ただスイングするだけではうまくなりません。ゴルフで使用するクラブにはドライバーやアイアンなど複数種類あり、それぞれで特徴やクセが異なっているため、クラブ毎に適切な練習方法を選んでおこなう必要があります。今回はそうしたゴルフクラブに合わせた練習方法について紹介していきます。

腕と体幹が一体化したスイングをつくる

腕と体幹の一体感を高めることは良いスイングをするには欠かせません。それをつくるのにオススメな練習方法が「脇にタオルを挟んでスイングをする」ことです。

具体的には、両脇にタオルを挟んで構えて、脇をとじながらバックスイングの体勢に入り、そのまま脇からタオルを落とさないようにスイングをしてフィニッシュ体勢に移行するというものです。

スポンサーリンク


この練習方法をおこなうとスイング中もヒジの角度を変えずにクラブのスイングができるようになり、ショットが安定します。両脇にタオルを挟むスイングはハーフスイングないしクォータースイングでおこなうようにしてください。

フルスイングの場合は必ずフィニッシュで脇が開いてしまうので、この練習方法ではおすすめできません。また、この練習方法にはスイングを矯正する効果もあり、脇が開いてしまうことよってショットが右側に反れやすいという方にもオススメです。

ブレないドライバーショットをつくる

力強くフルスイングするドライバーは大きな飛距離を出す反面、左右に曲がりやすいショットでもあります。そんなドライバーをまっすぐ打つためには自身のショットがどの方向に曲がりやすいのかを把握し、適切な練習方法を選択することが大切です。

プルスライスというボールが右側に大きく曲がりやすいという方は、左足のつま先を閉じたまま構えて、つま先の位置を一切変えずに打つという練習方法をおこなってください。

スポンサーリンク


右側にボールが曲がりやすくなる原因はバックスイングをしたときに体幹の回転量が少ないことにあります。左のつま先を閉じておくと体幹がひねりやすくなり、それによって体幹の回転量が増えてショットが安定するようになります。

逆にフックという左側にボールが曲がりやすいという方は、腕に力を入れずに体幹だけでドライバーを打つ練習をしましょう。フックの原因はスライスとは逆に、体幹の回転量が多すぎることです。そのため、腕の力を抜いて適切な回転量で収めるようにします。

状況に合わせたアイアンを打つための練習方法

軌道がキレイなアイアンを打ちたい場合は、グリップの根本、真ん中、先端部分の3箇所でそれぞれ握る位置を変えながらスイングの練習をしてみてください。

グリップの根本を持つと前傾姿勢となって鋭角なショットが打てるようになり、グリップの真ん中を持つと前傾姿勢が少し緩まって、ショットの角度が浅くなるなど、グリップの位置によってショットの特徴は変化します。

スポンサーリンク


握る位置によるショットの軌道の変化を練習で学ぶと、自分が理想とするショットの角度がわかるようになり、適切な姿勢をキープして打てるようになります。

また、グリップによるショットの変化を知っておくと、林の中では短く持って鋭いショットを打ち脱出する、風邪が強いときは真ん中付近を握って低く真っ直ぐなショットを打つなど、状況に応じたショットも打てるようになります。

安定したフェアウェイウッドショットをつくる

ウッドを使用したフェアウェイウッドショットが安定しないことに悩んでいたら、最初は3番ウッドでボールを打ち、次に8番アイアンに切り替えて、また3番ウッド戻すなど、ウッドとアイアンを交互に打つ練習方法がおすすめです。

フェアウェイウッドショットが安定しない原因はウッド自身の性質によるものです。ウッドは軽く振りやすいので無意識のうちにフルスイングしてしまい、ショットの安定性が欠けてしまいます。

これに対して8番アイアンは正確なショットが要求されるシーンで使うクラブであり、フルスイングには適していません。これらのクラブを交互に使うと8番アイアンでおこなっていた丁寧に打つという意識がウッド側にも移るようになり、安定したショットが打てるようになります。

3番ウッドは扱いが難しいクラブなので、練習でもショットが安定しない場合は5番や7番のウッドを使用してみてください。

アプローチにおけるシャンクの改善とピッチショットの上達方法

アプローチをするときに多くのゴルフプレーヤーを悩ませているのは、ボールが大きく右側に曲がるシャンクではないでしょうか。このシャンクを矯正する練習方法として、右かかとを浮かせたままボールを打つという方法があります。

ショットでシャンクが発生してしまう原因は右膝が不必要に動いてしまうことによるものです。右足のかかとを上げると重心は左足寄りになり、スイング中に右ひざが動かなくなるため、シャンクしにくいショットが打てるようになります。

アプローチショットがスライスしやすいという方は、握り方をスクエアグリップからストロンググリップに変えてみてください。スクエアグリップの場合はバックスイング時にクラブが開いてしまい、それがフェース面にブレを与えてしまうのですが、ストロンググリップに変えると左手親指の方向にバックスイングが合わさるので、フェース面がブレずに当てることができます。

とはいえ、いきなりストロンググリップにしても良いショットは打てないので、新しい握り方になれるまで練習をすることが大切です。

目的意識を持ってゴルフのスイング練習をする

ゴルフで正確なショットを打つためには反復練習は必要不可欠です。ですが、練習はただやればよいというものでもありません。自分のスイングの問題点を知り、それに対してどのような練習方法をおこなえば問題点を克服できるのかという考えを常に持つことが大切です。そのため、ゴルフの練習をするときは目的意識を持って取り組むようにしましょう。

スポンサーリンク