ゴルフでラフからのアプローチショットはバンカーショットよりも難しいと言われています。せっかくグリーン周りまで来たのに、ラフからのアプローチショットをミスすればさらに大きなトラブルになる可能性があります。ラフからのアプローチは練習場ではなかなか練習できる環境がありません。ではラフからのアプローチショットを上達するための対処法と練習方法を考えてみましょう。

ラフからのアプローチショットの基本的な対処法:正しい打ち方を理解する

ゴルフでラフからのアプローチショットはそんなに多くありません。しかし、ちょっとしたミスでさらにトラブルに見舞われる経験をしたことのある人は少なくないでしょう。

意外と軽視されるラフからのアプローチショットの打ち方をしっかり身につけることは、スコアメークにとって大切です。正しい振り方を理解したうえで、練習方法に取り入れて繰り返すことが上達する近道となります。

まず、ボールは右足のつま先の前に置きます。フェースは開いて構えます。そしてスタンスはオープンです。さらに、フェースは目標に向かってスクエアに構えます。

グリップは芝の抵抗を考えて、ある程度しっかり握りましょう。そしてクラブは短めに握ることです。そうすることで目標に正確なショットが打てるようになります。

ラフからのアプローチの基本的な対処法:ゆったりと一定の振りを身につける

ゴルフでラフからのアプローチの場合、芝の抵抗を意識するあまり、つい強めに振ってしまうものです。ラフからのアプローチはスイングはゆっくりと一定の速さで振ることが大事です。

つい芝の抵抗を意識しすぎてスイングが早くなると、逆に芝の抵抗にあい、トップしたり、ラフから出せない、ということになります。

スポンサーリンク


練習方法としては、練習場のマットの上で、ボールを右足のつま先寄りに置き、グリップをややしっかり握り、ゆったりとしたスイングを心掛けましょう。

ゆったり振るという感覚を身につければ、ラフからのアプローチは上達していくはずです。

深いラフからのアプローチ脱出法

ゴルフのラフからのアプローチで深いラフに捕まることがあります。深いラフの場合、ボールの状態によって、打ち方が変わります。

まずボールの見極めが必要ですが、浮いているか沈んでいるかの見極めをします。浮いている場合はボールが上がりやすいので、比較的に簡単です。浮いたボールの場合、ボールの下をフェースがくぐり抜けることがありますので、注意が必要です。

浮いている時に反して、沈んでいる時はやっかいです。構えとしては、スタンスはオープンスタンス、その分フェースを開いて構えます。さらに芝に負けないようにグリップはしっかりと握ります。基本的にはボールは上がりにくいので、少しでもふわっと上げるイメージで、腰を落として重心を落として構えましょう。

上達のためには、練習方法として、練習場のマットの上でも、同じような構えからボールを打つ練習を繰り返しておきましょう。

ラフが逆目の場合の打ち方

ゴルフのアプローチで、ラフが逆目の場合があります。芝目はさらに抵抗が強くなります。逆目の場合、転がすか、上げるかの選択が必要です。多くのアベレージゴルファーは、上げることを選択します。

芝目の強さを考えると、転がすことでトップをし、グリーンに止まらないトラブルを避けたいと思うからです。しかし、この選択は本当に難しい選択ですが、判断基準は、ボールが浮いているか、沈んでいるかで決まります。

スポンサーリンク


ボールが浮いている場合は転がしでもいいでしょう。この状況では横からボールを払い出して転がすほうが確実だからです。

一方、沈んでいる場合は、逆に上げて打つ方を選択するほうがいいでしょう。この場合、ボールと地面の間に隙間がないということですから、確実に上げてラフから脱出することを優先させた方がいいからです。

沈んでいる場合は、ピン位置に関係なく、上げてまずグリーンへ乗せることを優先させた方がいいでしょう。

ラフからのアプローチショットは必ず素振りを繰り返すこと

ゴルフのアプローチ、特にラフからの脱出は失敗する確率が高く、次の一打がさらにトラブルになる可能性があります。そんな時必ず必要なのが素振りです。ラフはその時その場所で状況が違いますから、素振りをすることでラフの状態を確認するのです。

素振りを何回も繰り返すことで、芝の強さや向きなどを確認してから打つ、これがラフからの振りをどの程度にするかを決断する準備となります。

この素振りを繰り返すことをルーティンワークにすることが、アプローチショットを上達させるトレーニングにもなります。

ラフからのアプローチは普通の練習場ではなかなか練習できませんので、実践で感覚をつかんでいくことも効果的な練習方法と言えるでしょう。

素振りをルーティンワークにして、芝の強弱を掴み、そして結果を出してみることを繰り返していくことが、ラフからのアプローチショット上達法になるでしょう。

ゴルフのラフからのアプローチショット、上達のための練習方法

アプローチはスコアメークで重要です。

そこで、練習場でラフからのアプローチショットを意識して、練習を欠かさないことが大切です。練習方法としては、次の練習を繰り返しましょう。

「ボールの位置は右足つま先の前」「スイングはゆっくりと一定の速さで繰り返す」「常に距離を考えて打つ」「グリップは少し強めに握る」

最後に、実践で素振りを何回も繰り返して打つことを心掛ければ、少しづつでも上達していくでしょう。

スポンサーリンク