ゴルフのラウンド中にバンカーに捕まってしまうことは少なからずあります。

バンカーショット何度繰り返してもなかなか出すことが出来ないなどといった経験のある人も多いでしょう。

そこで、バンカーショットを上達するための練習方法やコツについて紹介します。

バンカーショットが苦手と悩んでいた人は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

そもそもなぜバンカーショットは難しいのか

バンカーショットは難しいというのは一般的なイメージですし、フェアウェイからのショットと比べたら間違いなく難しいショットと言えるでしょう。

しかし、難しいと言ってもなぜ難しいのかをきちんと理解できているという方は少ないのではないでしょうか。

バンカーショットが難しい理由として挙げられるのが、下が砂で安定していないからという人もいます。

もちろん、それも理由の一つですが、大きな理由としては普段とは違うエクスプロージョンショットをしなければならないからでしょう。

エクスプロージョンショットとは、手前の砂ごとボールを飛ばすショットのことで、スタンスやクラブのフェース、打ち方など全てが普段とは異なるのです。

したがって、バンカーショットを上達するためには普段とは異なる練習方法を行わなければなりません。

自宅で出来るお手軽練習方法

バンカーショットが上達する練習方法として自宅で行える最も手軽な方法がバスタオルを使った練習です。

用意するのは一般的な大きさのバスタオルと練習用のスポンジボールにサンドウェッジだけです。

バスタオルを4つ折りにして地面に置き、その上にスポンジボールを乗せてボールをバスタオルごと飛ばすようにスイング練習をするだけになります。

この時に意識したいのがバンカーショットの基本となるオープンスタンスと、サンドウェッジのフェースを開き気味にすること、左かかとの前にボールを置くようにして打つということです。

バスタオルがあることによってエクスプロージョンショットの疑似体験が可能となりますし、タオルを狙ってスイングすることでクラブを傷めることなく練習することが可能となるのでバンカーショット上達に繋がります。

打ちっぱなしでの練習方法

一般的に普段ゴルフの練習をするとなった場合、いわゆる打ちっぱなしと呼ばれる練習場で練習することが多いでしょう。

打ちっぱなしにはバンカーの練習ができる設備が用意されているところもありますが、都心などの場合はほとんどバンカーの練習をすることは出来ません。

しかし、バンカー設備のない打ちっぱなしでもバンカーショットの練習は可能です。

打ちっぱなしではティーショット用にゴム製のティーが備え付けられていますが、このティーを使用してバンカーショットの練習をするのです。

ティーの高さを2センチ程度の高さに調節し、バンカーショットをする時のスタンスなどにしてボールではなくゴム製のティーを打つようにするというものです。

2センチ程度の非常に狭いエリアを狙うことで砂を取りすぎないエクスプロージョンショットの感覚を養うことが出来ます。

バンカーで練習する方法

バンカーショットはバンカーで練習するのが一番理想ですが、バンカーであればボールを使用しなくてもバンカーショットの練習が可能となります。

バンカーショットで飛ばしたい方向に向かって、垂直に線を引きます。この砂に引いた垂直の線が自分の体の中心になるようにまたいで構え、引いた線をスイング時の砂で消すようにしてスイング練習するのです。

これを繰り返し、引いた線をすべて消すことが出来たら実際にボールを使って練習してみると効率よく練習することが出来ます。

この練習方法で強く意識したいのは、実際にボールをとらえる数センチ手前から砂をすくうようにスイングするイメージをしっかりと持つということです。

それにより、どの辺りで砂をとらえに行くと上手くボールが出てくれるのかというより実践的な練習となるでしょう。

地道な練習でバンカーを味方に

バンカーショットは苦手意識を持っている人が多いですが、地道な練習をすることでメンタル面を強化することが出来ます。

そもそもバンカーショットを打たなければならない状況というのは、左右にボールが曲がってしまったという時や飛びすぎてしまった飛ばなすぎたなどその前の一打を確実にミスしているということです。

そのため、バンカーにハマるということは非常にがっかりしてしまう人が多いです。

しかし、バンカーショットの練習をしっかりとしてバンカーショットにある程度の自信を持てるようになったらどうでしょうか。

バンカーがあることでOBにならずに済んだであるとか、バンカーのおかげでグリーンから遠ざからずに済んだなどポジティブに考えられるようになるのではないでしょうか。

地道な練習でバンカーショットのコツを掴みバンカーを味方にすることが出来ればゴルフの幅も大きく広がります。

バンカーショットは色々な練習方法がある

バンカーショットはなかなか練習する場所や機会が無いと思っている人が多いですが、自宅や打ちっぱなしなどバンカーがない場所でも工夫次第でバンカーショットの練習は可能です。

普段のショットとは違うエクスプロージョンショットを身につけることによって、バンカーショットの上達が出来ればゴルフがまた一つ楽しくなるでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事