ゴルフ初心者にとって、ボール選びはとても重要です。

自分に合ったボールを使うことで、ゴルフの上達に繋がる場合もあります。

しかし、どんなボールがよく飛ぶのか、どんなボールを選べばいいのかわからない人も多くいるはずです。

そこで今回は、ゴルフボールの種類や、初心者に人気のよく飛ぶボールの選び方について紹介していきます。

ディスタンス系

ゴルフボールには、いくつかの種類がありこのディスタンス系のボールの特徴は、遠くまで飛びやすく曲がりにくいという性質を持っています。

ゴルフ初心者にとって、まずはボールを遠くまで飛ばすということがゴルフ上達の基本中の基本になるため、初心者にはおすすめのボールと言えます。

また、スピンがかかりにくいという特徴をもっているため、ボールをまっすぐ遠くに飛ばすという練習にもなるためフォームを覚えたり、打つ時の感覚を覚えたりするには最適なボールです。

スピン系

ディスタンス系と違い、スピン系は名前の通りスピンがかかりやすいタイプのボールです。

グリーン上でぴったりと止めるアプローチショットや、ピンを狙って打つ場合などには最適のボールです。

そのためスピン系を利用するゴルファーは比較的上級者の場合が多く、細かく調整して打ちたいという人向けであるため、初心者には扱いが難しい場合が多いです。

ただし、初心者の中にも、フック系でボールを打つ方には、スピンが少ないという欠点もあるためそれを補うためにスピン系のボールを使用するのであれば、十分に使いこなせるはずです。

第3系

これは、先ほど紹介した、ディスタンス系とスピン系の丁度中間にあたるボールで、飛距離とスピンのバランスに優れているボールですので、自分がディスタンス系かスピン系かわからないという初心者が、最適なボールを探しだすためにはとても有効に使えるボールだと言えます。

しかし、逆を言えば、飛距離ではディスタンス系に劣り、スピンではスピン系に劣るなどと、使い方によっては、中途半端なボールになってしまうということも理解しておくことが必要です。

ゴルフボール選びのコツ

ゴルフボールの選び方として、初心者は、先ほど紹介した3つのボールの中で最適なものを選ぶことももちろん大事ですが、その他にも、まず自分のトップスピードにあったものを選ぶということが大事になってきます。

これがあっていないと、飛距離が出るボールでも自分のトップスピードによってその能力を潰してしまうことになります。スピンにおいても同じことが言えます。

最近では、最適なトップスピードが記載されているボールもありますので、まずは自分のトップスピードを把握し、それに合ったボールを選ぶことが大事です。

次に大事なのが、自分の予算に合わせて決めるということです。ゴルフボールの値段はブランドや種類などによってピンキリです。

一概に高いものを選べばいいという単純なものではないため、自分の予算を決め、その中から最適なボールを探すということが大事です。

また、ゴルフボールが何層でできているかによっても値段は変わってきます。

ボールの中心となるコアを覆っている層が多くなるほど色々な性能を持つゴムを組み合わせることができるため、必然的に値段も上がります。

ただし、初心者の場合はそこまで層にこだわる必要はなく、基本的なボールで練習をして、技術の向上とともに、ボールもレベルアップさせていくことをおすすめします。

更に、ボール表面のディンプル数の多いボールを選ぶことも一つのコツです。

ディンプル数とはボール表面のデコボコの数のことをいい、この数が多いほど、遠くまで飛ぶボールと言えます。

そして、ボールを選んだら、しばらく使い続けてみるということをおすすめします。

どうしても最初はうまく使いこなせないこともあるかもしれませんが、ある程度慣れてきたら、違う種類のボールを試してみることで、本当に自分に合ったボールかどうかの見極めをすることができます。

初心者に人気のゴルフボールとは

初心者におすすめのボールは、ブリジストンのボールです。このボールはコアの部分が大きく、ソフトな作りになっていて、遠くまで飛ばしやすいという理由から、初心者には人気のボールです。

値段も比較的安く、初心者で池ポチャやOBが心配だという方にも使いやすくおすすめのボールです。

上級者が使うような高価なボールは、初心者の間ではあまり人気にはなりません。

それもそのはず初心者が使ってもあまり効果が発揮できないからです。まずは使いやすくて、安く、人気のあるボールを購入することをおすすめします。

高いボールを買ってうまく使いこなせなかったり、無くしてしまったりしては、ゴルフを楽しめなくなってしまう可能性もあります。

ゴルフボールの種類と選び方のまとめ

ゴルフボールには、3種類のボールがあり、それぞれに特徴があります。

初心者の場合は最初は遠くまで飛ばすということが基本になってくるため、ディスタンス系のボールを選ぶことをおすすめします。

選び方としては、比較的値段の安いボールを選ぶことが大事です。

初心者の場合はボールをなくしてしまう可能性も高いため、あまり高価なボールを選ぶよりは、安くて基本的な性能を持ち合わせているボールを選ぶことをおすすめします。

おすすめの記事