ドライバーの次に、シャフトの長いフェアウェイウッド。しかも直接、地面上のボールを打つ必要があるため、苦手意識を持つ人も少なくないでしょう。
会心のティーショット成功させたのに、フェアイウェイウッドでダフってしまった…。そんな光景は、ゴルフをしている人ならば一度は経験したことがあるかもしれません。
そこで今回はフェアウェイウッドに苦手意識を持つ方に向けて、克服の方法や打ち方について解説していきます。

遠くへ飛ばそうとする力みに注意!

ゴルフクラブの中で、フェアウェイウッドは飛距離を出すことを基本としたクラブです。実際に使用する場面も、ティーショット後のセカンドショットにおいて使われることがほとんどです。

しかしこの時の「フェアウェイウッドで飛距離を出そう」と狙ってしまう意識が、足を引っ張ることになります。「遠くへ飛ばそう」と考えてしまうと、どうしても余計な力みが生まれます。

スポンサーリンク


不必要な力みはスイングに乱れを生じさせてしまい、結果としてダフってしまったりといったミスに繋がるのです。ダフりが続くと、今度はダフらないようにしようと、ボールのトップを叩いてしまうようなことも起こります。

こうなるとどんどんフェアウェイウッドへの苦手意識が増してしまいますが、その根本的な原因は力みによるダフりです。飛距離を稼ぐことを目的としたクラブではあるものの、過度な力みは禁物です。

打ち上げようとして、すくい上げるショットは厳禁!

ドライバーほどではないものの、フェアウェイウッドはロフトが少なくなっています。このロフトの少なさは、フェアウェイウッドに潜む罠の一つです。

ロフトのないクラブを見た時、人は無意識に「普通に打っても、ボールが打ち上がらないかもしれない」と考えてしまうことがあります。

この意識を持ったままショットをすると、必要以上にボールをすくい上げようとするスイングになり、ミスショットに繋がってしまいます。

飛距離を出そうと力むことと同様に、「打ち上げよう」と意識することも、フェアウェイウッドのショットでは禁物です。

すくい上げず、滑らせるように打つのがコツ!

"飛距離を出したいがために打ち上げようとし、すくい上げるスイングになることは禁物だとわかりました。では、フェアウェイウッドの打ち方は、どんな風に打てば上手くいくのでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、フェアウェイウッドのショットのコツは「滑らせるように打つ」ことにあります。フェアウェイウッドで起こりがちなミスショットは、力んでしまってダフることです。

この原因は、先述したようにボールを打ち上げようとしてしまう意識にあります。そこでショットを改善するために必要なのが、「滑らせるように打つ」意識です。

いわゆるダウンブローではなく、滑らせるようにレベルブローで打つことがフェアウェイウッドで大切なコツです。

フェアウェイウッドは、本質的にはダフりに強い!

フェアウェイウッドは、地面と接するヘッドの底面であるソールが広いことも、クラブの特徴の一つです。

仮に少しダフったとしても、フェアウェイウッドは広いソールが滑らかに芝を滑るため、ボールをしっかり捉えることができます。

スポンサーリンク


このようにクラブの本質的には、フェアウェイウッドはダフりに強いクラブなのです。

この特徴を活かすためにも、コツとしてご紹介した「滑らせるように打つ」こと…レベルブローでのスイングが大切です。すくい上げようとすると、ボールを上から叩き潰すようなダウンブローのスイングになってしまいます。

そのスイングでは、フェアウェイウッドの強みを活かすことはできません。レベルブローのスイングで、必要以上にすくい上げようとせずに滑らかに打つことが、フェアウェイウッドの良さを引き出すことにも繋がるのです。

そもそもフェアウェイウッドの練習が足らないのかも?

"フェアウェイウッドに苦手意識のある方は、もしかしたらそもそもフェアウェイウッドの練習が足りていない可能性もあります。

これはフェアウェイウッドと他のクラブで、出番の多さに差があるためです。ドライバーは多くのホールでティーショットで使われます。

パー5などのロングホールではほぼ間違いなく使用されるため、使用頻度の高いクラブです。

ここで仮にティーショットを少し失敗し、ラフにボールを入れてしまったとします。フェアウェイウッドはその名前の通り、フェアウェイでこそ力を発揮するクラブです。

ラフに入ったボールに対し、多くの人が選ぶクラブはアイアンとなるでしょう。こうなると、どんどんフェアウェイウッドを使う頻度は少なくなっていってしまいます。

使用頻度が少ない、つまりは練習不足のクラブのショットが上手くいかないことは当然とも言えるでしょう。ドライバーとよく似たクラブではありますが、ティーのある状態でショットすることと、地面上のボールを直接ショットすることは、全く必要とされる感覚が異なります。

フェアウェイウッドを上手く打てるようになるためには、フェアウェイウッドで練習するしかないのです。

フェアウェイウッドに苦手意識のある方は、まずは練習場で意識的にクラブの使用頻度を増やしたりすることが、地道ですが苦手意識の克服への近みとなるかもしれません。

フェアウェイウッドを克服して、スコアアップを目指そう。

フェアウェイウッドは、スコアの向上を目指すためには避けては通れません。例えばティーショットに失敗して飛距離が出なかった時、フェアウェイウッドが得意なら、飛距離の出るフェアイウェイウッドでグリーン近くまで運んでリカバリーすることもできます。もしフェアウェイウッドに苦手意識があるのなら、スコアアップを目指すためにも、打ち方や意識を一つ一つ克服していくようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事