ゴルフの腕を上達させるために欠かすことのできない物のひとつにダウンスイングがあります。このダウンスイングは正しく身に付けることでスコアアップを実現させられると言っても過言ではないほど重要な技術の一つです。そこで今回は、正しいフォームを身に付けるために必要な練習方法や注意点について詳しく解説していきます。

ダウンスイング始動と練習のポイント

正しいダウンスイングを身に付ける上で最初に知っておくべきポイントが始動です。ダウンスイングはわかりやすく説明をするとインパクトゾーンを迎えるまでのスイングのことを指し、クラブを振り上げた状態から下ろすまでの流れを意識することが重要になります。とはいえ、初心者にとって言葉で説明されて頭で理解はできても実際に体を動かすのは簡単ではないのが実情です。

ゴルフのスイングには必ず始動と呼ばれる重視すべきポイントがあって、ダウンスイングの場合は左足になります。最初にこの左足をしっかりと踏み込むことがその後の流れを左右すると言っても過言ではありません。

そのため、まずはこの左足に意識を強く持つことから始めるのが基本です。一般的にゴルフの練習と言うと専用の練習場に足を運ぶイメージが強いですが、ダウンスイングの練習は場所を選ばずに行うことができます。

基本となる練習の形はトップの形から左足を踏み込み動作の反復です。この動きは限られたスペースでも行えるので自宅の室内でも練習ができます。

スイングの練習で意識する肩の開き具合

反復練習を行う上で忘れてはいけないのがフォームのチェックです。どんなに繰り返し練習を行ってもそれが正しいフォームでなければ意味がありません。ダウンスイングにおける注意点の一つが肩の開き具合です。

この肩の開き具合は比較的多くの人が失敗しやすいポイントの一つになります。初心者の中にはスイングをする時に肩が開いた状態になってしまう人も少なくありません。

この肩が開いた状態はインパクトに必要となる力を全て逃がしてしまうことになります。その結果ボールは真っ直ぐの軌道にはならずスライス気味に曲がってしまうのです。

左足をしっかりと踏み込む動作を身に付けることで肩の開きを抑えてクラブを体の正面にキープし続けることができます。

スポンサーリンク

右肘の向きと正しい下ろし方

ダウンスイングの練習において重要となるチェックポイントの一つに右肘の向きがあります。スイングの理想とされるのは右肘が下を向いた状態ですが、中には右肘の向きを意識しすぎてしまうことでクラブが振り遅れてしまう人も多いのが実情です。

意識をしすぎてしまう主な原因が右肘の下ろし方で、どの角度で下ろせばいいのか正しく理解していないことで迷ってしまってその結果振り遅れとなってしまいます。

ダウンスイングでは右肘は真下に下ろすのが正解です。とはいえ、下ろすと言うのはあくまで結果論で正しいフォームを身に付けてさえいれば自然と右肘は真下に下りています。

ここでも重要となるのが左足の踏み込みです。しっかりと左足の踏み込みができていない状態で無理に右肘を真下に下ろそうとすれば当然右肩は不自然に下がってしまいます。

その体勢からボールをインパクトするためには左肩を開いて腰を回転させる、もしくは腕をリリースしなくてはいけません。

こういった不自然な状態でのインパクトはボールに十分な力を与えることはできないのはもちろん、左肩の開きによるスライスの原因となってしまうので注意が必要です。

腕をリリースした場合も同様に振り遅れによってボールの軌道や飛距離に影響を及ぼしてしまいます。

正しいダウンスイングを身に付けるためには右肘ではなく左足の踏み込みをしっかりと行って自然に真下に下りるフォームを体に覚えこませることが重要です。

手首とクラブの角度をキープする

ゴルフのスイングでフォームと同様に重要な意味を持つのが手首やクラブの角度です。ダウンスイングに限ったことではありませんが、正しい打ち方の角度は90度になります。

スイングのテクニックの一つにある間を作る場合は90度以下になってしまうケースもありますが、基本は90度をキープすることが理想の軌道と飛距離アップのコツです。

ダウンスイングの練習をする時はこの点についてもしっかりと意識をしなくてはいけません。

スイングでの左足を伸ばさない意識

ここまでの説明、ダウンスイングでは左足の踏み込みの重要性について説明をしてきましたが、忘れてはいけないポイントがこの左足の角度です。

スイングをした時に左足を伸ばすべきか曲げたままをキープするべきか頭を悩ませる人も少なくありません。

結論から言うと左足は曲げた状態をキープするのが理想の形です。これは怪我やインパクトのズレの防止、安定した状態でダウンスイングを行うことができることが主な理由として挙げられます。

そのため、日頃の練習からアドレスの時の前傾姿勢を保てるようにしておくことが大切です。

タメを作って理想のダウンスイングを習得する

ゴルフには様々なスイングの形がありますが、全てのスイングに共通する重要なポイントがタメを作る作業です。タメをいかに作れるかがボールの飛距離を左右すると言っても過言ではありません。これはダウンスイングも同様で、左足をしっかりと踏み込んでタメを作ることで理想的な飛距離とイメージ通りの軌道を手に入れることができます。

東京都内で安くて初心者女性に人気のおすすめゴルフスクールはココ!

おすすめの記事